私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

辻ブログ「日々前進」/諫早建設株式会社

2016/01/26

段差の心地よさ

古いマンションのリフォームが完了しました。

施主は私、自分の細かい要望をぐっと我慢、設計の二人にやりたいように設計してもらいました。

そこで出てきたリビングのカタチ
それは、バリアフリーになっているマンションの段差リビングでした。

私もサラリーマン時代に分譲マンションを造る方だったので戸建ならまだしも、マンションリフォームで段差を付けることは全く考えませんでしたが、今の床レベルをスラブギリギリまで落とし、和室のレベルを上げ、周辺にベンチをつくる。しかも、床を落としても遮音材・床暖房はしっかり入れました。

日常暮らしている自宅リビングにはソファーがありますが、いつもソファーには座らず、ソファーを背にフローリングにクッションを敷いて座っています。
そんなライフスタイルに合致している。
しかも高いソファーやテーブルも買わなくて済む。
設計の二人「いいね」

そんな無理を監督の門倉が地元の工務店さんや大工さんに苦い顔をされながら納め方を打合せして施工しました。
地元工務店さんも雪が降る直前の忙しい時期にもかかわらず丁寧に仕上げてくれました。

なんとなく家族がその段差の中に集まり、映画や会話、ゲームなどを楽しんでいます。
輪のつくりやすい心地よいリビングができたと思っています。

画像(600x450)

段差のあるリビング

画像(600x450)

左官壁の廊下

画像(600x450)

フローリング材でつくったドア

画像(600x450)

玄関

Posted by tsuji at 16時52分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.isahaya.co.jp/blog/tb.php?ID=141

ページのトップへ ページのトップへ

1

2016


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PHOTO

諫早湾

諫早湾

大事な仕事

大事な仕事

鹿児島合宿

鹿児島合宿

検索


最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog