私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

酒井ブログ/諫早建設株式会社

2017/10/27

ヤッホー! [酒井]

画像(250x188)

先日、妻と一緒に久々に軽井沢に行ったときに、例の駅前のアウトレットで呑んだのがこの「軽井沢高原ビール」。
知る人ぞ知る、というか最近ではかなり有名になってしまって、こういう類のビール業界をけん引する「ヤッホーブルーイング」の「よなよなエール」シリーズの一つですね。
私的には所謂大手のビールの味に慣れ過ぎてしまって、所謂「地ビール」的なものはいつもクセが強すぎる、というか個性が強すぎてなかなか馴染めない。
その中で、この「軽井沢高原ビール」は比較的呑みやすい部類に入るんだと思う。
要は、元々のコンセプトが「今までに世の中になかったビールを提供したい!」という思いでつくられているので、「馴染めない」のは私自身の問題で、それこそが「狙い」でもある。
実はこのビール会社、例の「星野リゾート」星野社長の肝入りでスタートした会社。
星野社長が常々言っている
「社長の役割とは、社員に経営的な心配は決してさせずに安心して仕事をしてもらい、何かやろうとしている社員が居たら“大丈夫、やってごらん”と、そっと背中を押してあげること」
を正に具現化した会社でもある。だから社員がみんな活き活きと楽しそうなんだろうなあ。
今ではこの種のビールの中でのブランディングも確立されてコアなファンも多く、それこそ「イケイケ!」の勢いである。

Posted by isahayastaff at 16時38分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.isahaya.co.jp/blog2/tb.php?ID=1157

ページのトップへ ページのトップへ

10

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PHOTO

画期的な床パネル

画期的な床パネル

グズグズ

グズグズ

恒例の

恒例の

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog