私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

酒井ブログ/諫早建設株式会社

2012/08/15

夏祭り! [酒井]

画像(250x188)

富岡八幡宮

今日もお休みなので地元ネタをもうひとつ。
今日まで、私の地元の江東区深川の八幡様の三年に一度の例大祭が行われていました。
本来であれば昨年、行われる予定でしたが、震災のため今年に延期されていたのです。
12日の神輿巡行には天皇陛下も見えたためか、いつも賑わっている砂町銀座がガラガラになるほど人が集まったようです。
因みに神輿を担ぐ時の掛け声は「ワッショイ、ワッショイ」の富岡八幡宮伝統の二拍子。これだけは譲れません。
昨今の「セイヤ、セイヤ」や「ソイヤ、ソイヤ」若しくは「オイサ、オイサ」などの一拍子とは絶対的に一線を画しています。


画像(250x188)

日本一の巨大神輿

私の通っていた高校もすぐ近くの錦糸町だったので、お祭り好きが集まります。
体育祭では各色毎に応援合戦をするのですが、私が1年の時に、同学年に深川の神輿職人の息子がいて、初めて応援用に手作りの神輿を作成、大いに盛り上がったものでした。
それを見て、翌年からは彼の指導の下、全ての色でそれぞれが思い思いの趣向を凝らした神輿を作るようになり、中でも良い出来の神輿は体育祭を見物に来た近所の町内会にもらわれて行くほどでした。
残念ながら町内会の引き合いが無かった神輿は後夜祭でキャンプファイアーの中に投入され燃やされる、というのが恒例でした。
体育祭が近くなると出席を取るときに居なくても、「神輿デース!」と言えば出席扱いになるほど思えば結構いい加減な(?)学校でした。

画像(250x188)

卒業アルバム

卒業してから随分して、たまたまNHKの番組でその体育祭の様子が放映されているのを見て、私たちの時に始まったものが学校の伝統行事のようになっていることに驚くやら嬉しいやらでした。
そんな感じですから運動会の競技も特に三年生はみんな体操着ではなく各町会の祭り半纏を着ます。
中には八幡様の地元の町会の半纏で、二羽のハトが向かい合わせで八の字を描いている、非常に由緒あるものを来てくる者も居て、卒業アルバムにもそれを撮したものが載っています。
深川のお祭りの度についつい昔を思い出してしまいます。








※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※
    
  小平の注文デザイン住宅は諌早建設で 

※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※

Posted by isahayastaff at 20時37分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.isahaya.co.jp/blog2/tb.php?ID=184

ページのトップへ ページのトップへ

8

2012


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PHOTO

帰還

帰還

ナニカアル

ナニカアル

誇り

誇り

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog