私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

酒井ブログ/諫早建設株式会社

2011/09/15

下町B級グルメ(?) [酒井]

画像(250x188)

写真がウマそうに撮れてないところがミソ

ほぼ日曜日の度にウチのすぐ近所の砂町銀座にある「梅むら」という店に昼食を買いに行きます。
この店は私が生まれた直後くらいからずーーっと通っている、砂町銀座の中でも古株中の古株、所謂「老舗(?)」です。
ただ、「老舗」というほど全然偉そうでないところがイイ。
買うのはいつも決まっていてお赤飯とお稲荷さん。
時々、店内でうどんを食べて帰ることもあります。
ここのうどんは関東では珍しい「塩味」。
いつも注文するのは「もち入り」です。
お腹が空いているときは一緒にお赤飯も頼みます。


画像(250x188)

メニューはこれだけ。夏はカキ氷も。

この店は自分のところでモチもついているので、入っているモチは焼かずにつきたてそのままの柔らかいモチです。
塩味も出汁が効いていて絶妙な塩加減!と、殊更に言うほど偉そうでないのがイイ。
でも一度食べるとちょっとクセになるウマさ。
店構えを始め、どれをとってももったいぶるほどのことはありません。
最近、特に年末はこの「砂町銀座」が「激安商店街」などとしてTVで紹介されることも多く、それに伴ってこの店の露出度も上がっているようです。

画像(250x188)

「店内」とワザワザ書くほどでもない店内

以前は稲荷をおばあちゃんが朝早くから作っているところが紹介されたこともあり、最近では店でも「おばあちゃんの稲荷ずし」として売っているようです。
(当然、味は以前と全く変わりません)
と、わざわざここで自慢するほどでもないところが更にイイ。

そうそう、別にわざわざ食べに来るほどのことではないと思うのですが、大抵、夕方前には店を閉めてしまうので気をつけてくださいね。

画像(250x188)

どおっていうこともない外観








※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※
    
  小平の注文デザイン住宅は諌早建設で 

※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※

Posted by isahayastaff at 13時29分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.isahaya.co.jp/blog2/tb.php?ID=59

ページのトップへ ページのトップへ

9

2011


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

PHOTO

満開!

満開!

起工式

起工式

孝行? その@

孝行? その@

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog