私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

酒井ブログ/諫早建設株式会社

2014/11/05

目撃者 [門倉]

画像(250x188)

昨日、中央自動車道下り線を現場に向かって疾走していると何やら斜め前方に真っ黒い煙が。
「何だろう?」と思って近づいて行くと写真のような事故直後の現場。結構なスピードで通り過ぎながらシャッターを押したのがこの写真。この時は確かにかなりの熱風を感じたほど激しく燃え盛っていた。
ところがチラッと見たところでは、現場に居た消防士らしき人たちは何にもしていない。要は水を掛けたりというような消火活動をしている様子がまるで見えない。考えてみると燃え方が尋常ではなく、どうも普通の自動車火災ではなかったような。
この手の火災の場合、もしかしたら下手に水や薬剤を掛けられないのかもな、と思いつつそのまま現場に向かった。


画像(250x188)

で、現場からの帰り道、上り線を走りながら撮影したのがこの写真。
真っ黒に焼け爛れたトラックを処理している真っ最中。
もしかしたらさっきの事故直後の写真、動画で撮影していたらテレビ局に結構な値段で売れたかもしれないなあ、なんて不謹慎なことを考えながら走っていました。




※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※
    
  小平の注文デザイン住宅は諌早建設で 

※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※

Posted by isahayastaff at 20時44分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2013/12/29

「夏の風物詩」異聞 [門倉]

画像(250x188)

私が行きつけの主にお酒を供するレストランで数年前に偶然会った人に最近またばったりお会いしました。
頂いたのは写真の手拭い。
ツバメが描かれています。
が一緒に描かれているのが正にこのレストランの入口に掛けられている赤い提灯。
実はこの人は都下のツバメの営巣地を足で探して訪ねてはそれを記録しているそう。
てっきりこのお店にもちょくちょく来ているのかと思ったら、この日が二回目。
と、いうことはたまたまこの店に来た時に私も来ていた、ということ。
なんという偶然でしょう!(それだけ私がしょっちゅう通っている、という説もある)
この方に拠れば、調査している中でも小平駅周辺はツバメの巣が多いとのこと。
きっと来年また小平に調査にこられた時にはお目にかかれるような気がします。



※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※
    
  小平の注文デザイン住宅は諌早建設で 

※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※



Posted by isahayastaff at 18時55分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2013/12/21

「空」二題 [門倉]

画像(250x188)

現場からの帰り道、写真ではよく見えませんが二重の虹です。
肉眼ではくっきりと見えて、こういうのを見ると私でも“何かいいことありそうな・・・”てな気持ちになってしまいます。
いいことあるかな。



画像(250x188)

二枚目は駅のホームから撮った写真。
写真には二本しか見えませんが、実際には三本の飛行機雲(?)がくっきりはっきりと見えて、ちょっと異様というか不気味な雰囲気。
こっちは何か不吉な感じが・・・・。



※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※
    
  小平の注文デザイン住宅は諌早建設で 

※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※

Posted by isahayastaff at 19時08分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2013/06/05

“いもむし”続報 [門倉]

画像(250x188)

今日はたった1個・・・

いつも駐車場から事務所に行く途中に見ているのですが、あの後急に、木の下に落ちているフンが激減していました。
昨年はもう少し遅くに(フンの)最盛期を迎えたのですが、今年は少し早目だなあ、と思っていました。
もしかすると鳥さんの餌食になってしまったかも・・・。
生きて行くって大変だなあ。

Posted by isahayastaff at 10時44分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2013/06/02

美しい蝶に・・・(?) [門倉]

画像(250x188)

例年よりも10日も早く梅雨に入ってしましました。
これからしばらくは鬱陶しい日々が続くと思うとゲンナリしますが我々現場を預かる監督としては毎日の天気予報が何よりも気になる季節に突入しました。
リフォームの場合は屋根や外壁、外廻りの塗装工事の時、新築の場合には工程の始めと最後、要は基礎工事と仕上げの外構工事の段階でお天気の影響を大きく受けます。
特に上棟の日が近くなってくるとそれこそ一日のうちに何回も天気予報を見るくらい気が気ではありません。
万一、中止する場合には少なくても二日前には手配をしないと材料がトラックに積み込まれてしまうので間に合わなくなってしまうからです。
中止してしまうと上棟を楽しみに、職人達への労いの準備をしてくださっているお客様にもご迷惑をおかけしてしまうことになるので本当に辛いのですが、やはり雨の降る中、ムリに作業を決行してしまうと職人達の安全にも関わってきますのでそこは文字通り「断腸の思い」で決断をしなければならない時もあります。

さて、そんな季節にフト見つけた写真のモノ。
なんだかわかりますでしょうか?
そう、イモムシです。
真緑で丸々と太った堂々たる体格をしています。
良く、「イモムシは、この頃はこんなに醜いけれど行く行くは美しい蝶になる」と、言います。
で、思い出すのは私が小学校の高学年の頃のこと。
夏休みの初めの頃、庭で珍しい、やけに目立つ模様のイモムシを見つけました。
父が「きっとキレイな蝶になるから、これを毎日観察して夏休みの自由研究にしたらどうだ」
と、言うのでその気になって、ワザワザ買ってきた水槽に入れて毎日観察日記を書いて、蝶になる日を心待ちにしていました。
夏休みも終盤、いよいよその日が訪れました!ところが!!
カラを破って出てきたのはジミーな模様の蝶でした。
父「・・・・・・・」
後で調べたら「セスジスズメ」という蛾の一種だということが分かって大いにがっかりしたものです。
イモムシがみんな美しい蝶になると思ったら大間違いなんですよ。








Posted by isahayastaff at 23時34分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

11

2017


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PHOTO

看板

看板

完了検査

完了検査

「準備(一応)完了!」までに

「準備(一応)完了!」までに

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog