私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

酒井ブログ/諫早建設株式会社

2017/03/13

コンセプトハウス;なまこ先生料理教室 [酒井]

画像(250x188)

杉なまこ先生に依る「簡単パーティーメニュー」教室。
まずご参加頂いたお客様は杉先生の強烈なキャラクターにちょっと(?)ビックリ。
実はこの日は朝10時から仕込みを始めて、本番の開始は12時〜。
にも拘わらず、10時からずーーーーっと座りもしないで仕込みの最中もしゃべりっぱなし。


画像(250x188)

その前に持参した荷物の重いこと重いこと。
どうやってこれを家から持ってきたの?と、言うくらい、要はバッグの取っ手を持つと、そこがギシギシ軋んで千切れそうになるくらい重い。
私が担いだのはコンセプトハウスからすぐ近くの宮の坂駅からだからほんの3〜4分だったのだけれど、それだけでかなり腰に来た。
普段はこれを一人で持ち運んでいる、と聞いてまたビックリ!
実にパワフル!の一言。
そういう意味では朝からずーーーーっと驚かされっぱなし。


画像(250x188)

当初の予定ではデザートを含めて4品だったはずなのだけれど
持参のバックからはどんどん食材や調味料が出てくる。
まるで本当にドラえもんのなんとかポケットを見ているよう。
で、お客様が見ている前で、お肉料理を中心に次々と仕上げては「どうぞ召し上がれ!」
今回、助手に付いて頂いた東京ガスの岩越さんがまた実にイイ味を出してくれて、分かりやすい「イケメン」を前に杉先生の岩越さんイジリトークも絶好調。
ご参加頂いたお客様もキッチンまで身を乗りだして杉先生の説明に聞き耳を立てている。
杉先生もそれにまた気を良くして美味しさも増すような気がする。
テンポ良く調理も進み、土鍋で炊いた炊き込みご飯と最後はお隣のI様が差し入れて下さったイチゴのデザートで〆。

画像(250x188)

と、思ったらまだフライパンの中には大きな肉の塊が3つも・・・・・!!
次々に出来あがる料理を片っ端から頂いたのだけれど、サスガにみんなのお腹も限界!
で、参加者から上がったのが
「ジップロック買ってきてくれません?」
と、言う声。
実はそれまで私は「ジップロック」なるものが如何なるものなのかほとんど知らなかったので、近くのスーパーオオゼキに行く前にちゃんと聞いてから
買いに走った。
で、最後に残った3つの「肉の塊」をお客様で分けあってめでたしめでたし。
次回がまた楽しみになりました。



※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※
    
   注文デザイン住宅は諌早建設で 

※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※

Posted by isahayastaff at 08時24分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017/03/10

もしかしたら強運? [酒井]

画像(250x188)

基本的に「雨男」である。
妻と温泉に行っても、大体は雨が降る。
何故か降る。
先日も箱根に行ったら、宿に直行するためどこにも行く予定のない初日は結構なイイ天気だったのだけれど、二日目、
「さあ、芦ノ湖に行って海賊船に乗ろう!」
と、言って、宿を出る前に念のためにHPをチェックしたら、既に「強風のため」芦ノ湖遊覧船は全て欠航。

画像(250x188)

じゃあ仕方がない、ということで、泊まった仙石原からバスで目的の元箱根の「ベーカリー&レストラン」に向かった。
が、バスに乗って程なく急激に雲行きが怪しくなってきた。
宮の下でバスを乗り換える頃には既に横殴りの雨、雨、雨・・・・・。
で、ようやく元箱根に着いてバスを降りる頃には半端じゃアない「暴風雨!」。
傘もさせずにホウホウの体で目指すレストランに入ってようやくホッと一息。
ここはいつも気にはしていたのだけれど、人気らしく、いつ来ても大体満員。
が、サスガにこの日は閑散としている。

画像(250x188)

そりゃそうです。
暴風雨でロープーウェイも船もぜーーんぶ止まってるんですから。
で、お目当てのタワーのようなサンドイッチを頼んだのだけれど、窓から見える芦ノ湖はまるで海のように白波を立ててタッポン、タッポンうねっている。
レストランの人も
「こんな芦ノ湖は珍しいですねえ。我々も見たことないくらい荒れているんで、ある意味幸運じゃないですか?」
と、実に暢気なことを言っている。

画像(250x188)

で、他に行く処もないのでそのまま箱根湯本駅までバスで下って、少し早目のロマンスカーで帰ろうとしたらこれが見事に全部運休。
で、仕方がないので急行でゆっくりと帰って来たのでした。
しかし、つい先日のニュースに依れば、今年に入って3月まで、東京地方でまとまった雨だったのはたったの3日。
そのウチの一日が見事に旅行に重なるとは、これも何かの能力かも・・・・。
お陰で珍しい芦ノ湖の姿を見ることができたし、いつも一杯で入れなかったレストランにも入れたし。と、勝手に(ポジティブに)思っているのだけれど。



※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※
    
   注文デザイン住宅は諌早建設で 

※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※

Posted by isahayastaff at 15時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017/03/07

フタ [酒井]

画像(250x188)

所謂「カフェ」とか呼ばれている処に行くと、出てくるのは決まってこういうカップ。
私はどうもこれが大の苦手。
こんなので出て来ても必ずわざわざ蓋を取って、「普通の紙コップ」状態にしてから飲む。
断固「蓋は取る」!
何が悲しくてわざわざ蓋に口を付けて小さな穴からコーヒーをチューチュー吸わなければならないのか!?
どう考えてもずえったいにおかしい!
と、常々考えていたら、つい先日スターバックス(「スタバ」って言うんですか?)に行ったら
「カップはマグカップにしましょうか?」
と、聞かれたので、これは有難い!一も二も無く「もちろん!」と応えた。
もしかすると今の若い人たちには普通で“カッコイイ”のかもしれないけど、おじさん達には大いに違和感がある、ということにようやく「カフェ」も気が付いたのかもしれない。(知ってたクセに!)
だって、私の次の若い女性にはそんなこと聞かなかったもんなあ。



※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※
    
   注文デザイン住宅は諌早建設で 

※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※

Posted by isahayastaff at 12時39分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017/03/04

節句 [酒井]

画像(250x188)

昨日は「ひな祭り」。「ももの節句」ですねえ。
子供たちが小さい頃から妻はこういうことには律儀だ。
なので、メニューはちらし寿司とハマグリのお吸い物。
うーーーん、正しい日本の食卓。
ちらし寿司の具であるレンコンやエビは縁起がいいものとされハマグリは女の子の美徳と貞節を意味する(らしい)。
もうずいぶん前から雛人形的なものは飾らなくなったが、一応ひなあられは買ってくるので夕食後、娘と三人で粛々と(?)いただく。


画像(250x188)

因みに男の子の節句である「端午の節句」ではお風呂に菖蒲の葉っぱを入れる。
息子がまだ小さいころ、一緒に風呂に入った時にはその葉っぱを息子のちっちゃいムスコに巻きつけて「大きくなーれ!」とふざけていた。
風呂から上がった息子がそのことを嬉しそうに妻に話したため、こっぴどく怒られたのは言うまでもない。
結婚してもう3年になるのだけれど、大きくなったのかなあ(バシッ!!)




※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※
    
   注文デザイン住宅は諌早建設で 

※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※

Posted by isahayastaff at 12時13分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017/03/01

コンセプトハウス;広告! [酒井]

画像(250x188)

昨年12月から三軒茶屋と下高井戸を結ぶ「東急世田谷線」の電車、全編成の窓の上に弊社「諫早建設」の広告が掲載されている。
最初のウチはこの電車に乗って桜のコンセプトハウスに行く度にワザワザ確認して「ああ、出てる、出てる」と思ったりもしていた。
が、最近ではすっかり忘れてしまって、コンセプトハウスにご来場頂いたお客様から時折「電車に広告出ていたね」なんて言われると思い出す。

画像(250x188)

更に言えば世田谷線三軒茶屋駅の降車ホーム正面にも諫早建設の看板があります。
もっと言えば小田急線経堂駅から桜コンセプトハウスに至る電柱にも広告が巻いてあります。
こんなにあっちこっちに広告を出したことがないので、何だかウキウキしてしまいます。(ってことはないか)




※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※
    
   注文デザイン住宅は諌早建設で 

※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※


Posted by isahayastaff at 17時27分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

3

2017


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PHOTO

遥かなる山の呼び声

遥かなる山の呼び声

画期的な床パネル

画期的な床パネル

偶然・・・

偶然・・・

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog