私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

酒井ブログ/諫早建設株式会社

2017/11/08

雑誌に掲載されました! [酒井]

画像(250x188)

昨年夏〜秋にかけて施工させて頂きました調布市S様邸のマンションリノベーションがこの度「オトナリノベーション」(扶桑社)という雑誌に掲載されました。
S様が送って下さった本を、私もとっても嬉しく、また懐かしく拝読させて頂きました。良く「リフォーム」と「リノベーション」の違いを聞かれることがありますが、極簡単に言ってしまえば「リフォーム」は原状回復、要は傷んだ個所を補修するという意味合いが強く、「リノベーション」はライフスタリルや用途の変化に対応して、間取りを始め全てをやり替えて更に価値を高めること。S様邸は正に後者。
良くマンションの全面リフォームで、間取り変更のご提案をしたりすると「えッ!こんなにガラッと変えられるんですか?」と驚かれることがありますが、特にマンションであれば基本的には「何でもあり!」。要は室内にコンクリートの耐力壁が入っていなければ全く仕切りのない所謂「大きなワンルーム」にだって変更可能です。ただ、キッチンや風呂などの水周りの位置を変更するときには「共用部(=移動できない)」である排水の竪管の位置までの勾配が十分に取れることが必要条件となります。
今回のS様邸は、リノベーション前は良くある「田の字型」の典型的な3LDK。これがリノベーション後はあっと見違えるような2LDKに大変身!
ご夫妻各々の居室と、既存のLDKと和室二部屋をぶち抜いた大きなLDK、その一角にはご主人様の書斎まである。専有面積としては60uと決して大型ではないのにそれぞれの部屋(居場所)がその場所の主人公の個性と趣向を存分に反映した色や素材で構成されているので実に様々なシーンを展開している。印象としては実際の部屋数よりもずっと多く感じる。かといって全体を見るとガチャガチャしているワケではなくて見事に調和が取れている。本当に不思議で愉しい空間が実現しました。
もしもご家族の変化等で既存の間取りが不便になっていたり飽き足らなくなったら、是非一度「リノベーション」をご検討、ご相談ください。買い替えるよりもずっと安価で、希望の空間が実現すること請け合いです!


Posted by isahayastaff at 17時45分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017/11/05

もうクリスマス!? [酒井]

画像(250x188)

世の中は11月に入ったばかり・・・・・、と、思っていたらもうクリスマスツリーと思しきイルミネーションが出現。周囲にはクリスマス的な音楽も流れている。
年々クリスマス商戦のスタートが早くなっているなあ、とは感じていたけれど、まだ二カ月近く先の話。
要は少しでも早くスタートすればそれだけ長くクリスマス押しができる、ということなのだろうけど、それにしてもなあ。

季節感を一番映していると思っている果物も品種改良の賜物か、最近は一つの果物の売っている期間が随分長くなったなあ、とは感じていたけれど、こうやってどんどん「季節感」というのが薄らいで行ってしまうのか、と思うとちょっと寂しい気もする。
やっぱり日本にはちゃんと四季があるのだからせめてその移ろいを愉しみませんか?と、言うことなのだけれど・・・・。

Posted by isahayastaff at 17時29分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017/11/02

応援歌 [酒井]

画像(250x188)

現在、小平の事務所の大改装のため、私達営業部隊は世田谷区桜のコンセプトハウスに拠点を移している。
で、当然朝も桜(駅は東急世田谷線の宮の坂)に行くのだけれど、途中の京王線明大前駅で聞き覚えのある音楽が・・・・。
要は発車のサイン音なのだけれど、これが明治大学の応援歌「おお、明治」だったのですねえ。
たまたま私は息子が明治だったので、思わず反応してしまったけれど、これも「知る人ぞ知る」って言うのですかねえ。


Posted by isahayastaff at 17時19分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017/10/30

大改装真っ最中! [酒井]

画像(250x188)

先日来お伝えしている諫早建設小平事務所の大改装工事。
最近はお客様からも「どんな風に改装するんですか?」と聞かれることが多くなってきているのですが、こんな感じ(=写真)です。
と、言ってもわからないですようねえ。
要は良くあるクロスや家具類などの内装やレイアウトの変更ではなくて、本当の意味での「大改装」です。
ご覧のように3階の天井には大きな穴が・・・・。
さて、どうなることやら、私達も概要しか聞いていないので、出来上がりが楽しみです!


Posted by isahayastaff at 17時04分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017/10/27

ヤッホー! [酒井]

画像(250x188)

先日、妻と一緒に久々に軽井沢に行ったときに、例の駅前のアウトレットで呑んだのがこの「軽井沢高原ビール」。
知る人ぞ知る、というか最近ではかなり有名になってしまって、こういう類のビール業界をけん引する「ヤッホーブルーイング」の「よなよなエール」シリーズの一つですね。
私的には所謂大手のビールの味に慣れ過ぎてしまって、所謂「地ビール」的なものはいつもクセが強すぎる、というか個性が強すぎてなかなか馴染めない。
その中で、この「軽井沢高原ビール」は比較的呑みやすい部類に入るんだと思う。
要は、元々のコンセプトが「今までに世の中になかったビールを提供したい!」という思いでつくられているので、「馴染めない」のは私自身の問題で、それこそが「狙い」でもある。
実はこのビール会社、例の「星野リゾート」星野社長の肝入りでスタートした会社。
星野社長が常々言っている
「社長の役割とは、社員に経営的な心配は決してさせずに安心して仕事をしてもらい、何かやろうとしている社員が居たら“大丈夫、やってごらん”と、そっと背中を押してあげること」
を正に具現化した会社でもある。だから社員がみんな活き活きと楽しそうなんだろうなあ。
今ではこの種のビールの中でのブランディングも確立されてコアなファンも多く、それこそ「イケイケ!」の勢いである。

Posted by isahayastaff at 16時38分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

11

2017


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PHOTO

祝福!

祝福!

セブンズ

セブンズ

臨時記号

臨時記号

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog