私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

杉岡ブログ/諫早建設株式会社

2017/07/18

日本は科学館天国

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

地球型スクリーンが浮かぶ大きな空間

三連休に娘をディズニーアート展なる催し物へ連れて行きました。
場所は日本科学未来館。
お台場にある科学館で、かなりの規模の施設です。
ディズニーの催しは、作品を製作者側からの視点で構成された内容でそれはそれでとても興味深かったです。
が、それよりも科学館の常設展示の方が楽しかったです(笑)
施設のテーマは、地球で起きている様々な事象を過去現在未来を通して科学的に紐解いていくというもの。
エネルギー、自然災害、医療、ネットワークなど幅広い分野をわかりやすく(ちょっと難しい部分もあり)体感出来ます。
館内は様々な工夫がなされており、国内外の著名な科学者から直筆の手紙が展示されているブースでは科学者の何気ない言葉がとても深く、考えさせられます。
館長が宇宙飛行士の毛利衛さんだけに宇宙関係の展示も充実していますよ。

知らないだけで沢山の科学館が各地にはありますね。
興味がございましたら是非足を運んでみてください。


日本科学未来館



Posted by sugioka at 12時37分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017/07/03

今年も三社祭り

画像(187x250)・拡大画像(480x640)

魂の抜けた島袋

今年も三社祭りに行ってきました。
娘を連れて子供神輿に参加させていただく事に。
子供神輿を仕切っているのが島袋。
開催までは会合など準備に忙しく
本番は3日間神輿の世話でかなりお疲れの様子。
それもそのはず、この子供神輿は小さいからと言っても
相当の重量があり、毎日街を練り歩くのもかなりの重労働。
さらに合間をぬってのお酒。
加えて深夜までお酒。
そして次の日神輿のローテーション。
正直、話を聞いているだけで疲れてしまいそうです。

ほろ酔い状態の私も途中から何故か子供神輿に参戦。
案の定直ぐに腕はパンパン、次の日は筋肉痛になるという。
しかし、お祭りは楽しいですね。
特にこのような規模のお祭りは格別です。



Posted by sugioka at 20時25分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016/03/03

講演会

今日、会社を早めに切り上げて
青山まで趣き講演会に参加してきます。
講演者は建築家の妹島和世さん。
建築と環境をテーマにお話し頂くそうです。
妹島さんは建築界のノーベル賞とも言われている
「プリツカー賞」を受賞された今や大御所の建築家。
西沢立衛さんとのコラボ「SANAA」としても
数多くの作品を世に生み出して世界を舞台に活躍されている
世界的に有名な方なんです。
しかし、私には何となく身近な建築家です。
というのも私の実家の調布の駅前に個性的な交番がありましたが
それが妹島さんの作品でした。
また海外へ行った際に見学した建物も妹島さん作。
さらに去年、弊社からすぐ近くに完成した図書館と公民館を合わせた
「なかまちテラス」を手掛けられたのも妹島さん。
なので何か縁があるな、と一方的に勝手に思ってますが
どのようなお話が聞けるのか楽しみです。

では行ってきます!



Posted by sugioka at 16時52分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016/01/26

感覚

画像(187x250)・拡大画像(479x640)

フォースを感じます

人の感覚は大よそ不安定なもの。

気持ちの持ち様や体調、周囲の環境に影響され変化してしまう。

だがその不安定な感覚を頼りにしなければ人は活動することはできない。

だから不安定な部分を考慮しつつ感覚の幅を推し量って不安定なまま行動するほかない。

たとえれば暗闇の中を手探りで歩くようなものだ。

しかし、その感覚は訓練することによって機械をも超える精度を発揮することができる。

・・・それは暗闇を照らす光のよう。


これはそのライトサイドの能力が垣間見える写真である。

車が壁にぶつかっているように見えるが、実は当ってはいない。

厚さ2oのアクリル板は通さないが、紙は通る。

名前は土地家屋調査士 塚田さん。

トランシット集光レーザーを武器に日々戦っておられる。

この方ならきっとダークサイドから人々を導き

銀河を救ってくれるに違いない!!


・・・


さて、仕事に戻ろうかな。






Posted by sugioka at 12時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2015/12/05

柿、いただきました

画像(250x187)・拡大画像(640x479)

何時の間にやら秋が過ぎ去り、冬らしくなってきましたね。


今年の秋もお客様から沢山の柿を頂きました。

柿の木は日本の住宅には昔から植えられています。

それはなぜか。

劣悪な環境でも比較的丈夫に育ち、実がなってくれますので食料として重宝されたから。

それもありますが実は「万能な材料」としての利用価値が高かったからです。

柿を青いうちに絞って熟成させてつくる「柿渋」という液体。

この柿渋はタンニンという成分が多分に含まれており

・防腐、防虫、防水剤

・補強材

・医薬品

など様々な効果を発揮し庶民の生活を支えてきました。

また染色剤としても有名です。

とても渋い茶色なのですが、歳を重ねるたびに発色が良くなるという特徴もあり

防腐、防虫、防水の効果も重なって衣服や日常品に多用されました。

故に日本家屋の庭に植えられ、生活を共にしてきたゆかりのある植物なんですね。

お客様に伺うと、余り手間を掛けずとも毎年実がなってくれるそうです。

それでいてこれほど美味しいのですから言う事ありません。

ごちそう様でした!





‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥    
 小平の注文デザイン住宅は諌早建設で 
‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥


Posted by sugioka at 21時02分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

11

2017


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PHOTO

引き立てる輩

引き立てる輩

日本は科学館天国

日本は科学館天国

柿、いただきました

柿、いただきました

検索


最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog