私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

諫早建設株式会社/東京・小平でプロとつくる“美しい家”

«ホームに戻る

小平市H様邸 インタビュー 

画像(167x250)

建築データ;木造2階建
ご家族構成;ご夫婦、長男(2歳)

大きさとか、ウチにピッタリです。大きい家に憧れていたんですけど、なんかこれでちょうど良かった、って思います。もうちょっと予算があれば“もう少し大きく”って思うのかもしれないけど、今、生活をしてみてそれも含めて全部が“ああ、ちょうどイイ、ピッタリ!”って思いますね。

画像(250x188)

酒井;家づくりのきっかけは?
奥様;私達は予算の関係もあって、注文住宅なんて建てられるとは思っていなかったんですね。だから初めの内は建売りばっかり見ていたんです。だけどどの不動産屋さんに行っても見せてくれる物件は同じだということに気が付いて、そうこうしているウチに諫早さんのHPに行きついたんです。で、「私、ここでつくって欲しい!」って思っちゃったんですね。
ご主人;建売りもかなり見て疲れちゃったんで、一回「探す」っていうのをやめてリセットしよう、ってなって。
奥様;ただ、値段とか全然書いてないじゃないですか。だから多分予算的にはムリだろうけど、でも相談もしないで諦めたくはなかったんです。で、ここ(諫早建設)に一回行って、それで「ダメ!」って言われたら諦めようと思ったんです。そしたらスゴク反応も良くて、
酒井;「ダメ!」って言われなかった?(笑)。
奥様;そう、あのとき酒井さんが「もしもウチで建てさせて頂けなかったとしても最後まで面倒見ます!」て言ってくださったんですね。何だかHPの感じの通りの気さくな感じだし、面倒見てくれるみたいだから土地との縁を待ってみよう、と思いました。
ご主人;打ち合わせ中はずーーーっとこっちでラグビーの話ばっかりしてましたけどね(笑)。

画像(188x250)

酒井;諫早建設に決めて頂いた「決め手」は?
奥様;HPで皆さんのお顔を出してらしたでしょ?「お顔を出している会社はいい」という(笑)。あと皆さんお話しされていることがプロだな、と思って。造っている途中とかも紹介されていたじゃないですか、そういう所もいいな、と思って、
酒井;家づくりで拘ったところは?
奥様;収納!とにかく収納!(笑)
ご主人;それと動線!家事動線、物干し動線。
奥様;パントリーの物干し最高です!初めて干した日、スッゴイ嬉しかったんです!
ご主人;こんなに楽なんだ―、って思って。今では「無い」ということが考えられないよね。

画像(188x250)

奥様;1階のウォークスル―の収納もイイですね。持ちこんだFits(収納箱)が寸法ピッタリにキレイに納まっているので「サスガだわ!」って(笑)。
ご主人;持っていたFitsをここに入れたい、って言ったら高嶋さんがネットで調べて寸法確認してくれて。
奥様;ピッタリでしたね。キッチンの収納棚も最高でした。あの棚の枡の大きさもこれとこれを入れたい、って言って計ったんですよね。だからピッタリ!パントリーの本棚も、レシピの本とか好きなのでそれが手の届くところにあるのが嬉しくて。
ご主人;あのタイミングで施工中のお宅を見せて頂いたのは本当に良かったと思いますよ。
奥様;見せて頂いたお宅も大嶋(棟梁)さんの施工で、ウチの現場で大嶋さんにお願いしたら「お客さんに直接言われちゃったらなー」って言ってくれて、「やるしかないでしょ!」って嬉しそうに(笑)。

画像(250x188)

酒井;大嶋さんも意気に感じる方なので。階段のニッチも・・・
奥様;ああ、まだ何も飾れてないんですけど。時間ができたら何かしようかと。
酒井;あれも私が現場に来たときに、大嶋さんが「奥さんに頼まれたんでやっといたから。ニッチの写真ちゃんと撮って(メール版)諫早通信で送っといて」って言って。
奥様;届いた写真で“2個あるか”ってちゃんとチェックして(笑)。
酒井;そうそう、「ちゃんと2個あるから」って(笑)。
奥様;私、しつこく言ったから。大嶋さんが「分かってるよ!」って(笑)。

画像(250x188)

酒井;予想外に良かったところは?
ご主人;旗竿地の奥だったので、こんなに光が入るなんて思いませんでしたね。むしろ光が入り過ぎないようにカーテン買いましたから。
奥様;冬でも暖かくて、晴れてたらもう朝9時くらいには暖房切ってしまって大丈夫でしたよ。これから夏に向かってどうなるんだろう・・・・って。
酒井;結果的に、「我慢した」っていう印象はありますか?
ご主人;ないですね。ウチは限られた予算の中で精一杯やっていただいた、っていう感じですね。ロフトも最初は諦めていたんだけど、予算を教えて頂いて「ちょっと頑張ろう」って思って「やって良かった!」って。
奥様;だからロフトもそういう意味で“ちょうどイイ”でしたね。でも、結構ギリギリのタイミングでお願いして、自分達が高嶋さんの立場だったら「もっと早く言えよ!」って絶対に思うと思ったし、実際言われても仕方なかったと思うのだけど「全然大丈夫です。間に会って良かったです!」って言って頂いて、本当に気持ち良く対応して頂き、嬉しかったです。プロだなあ、と思いましたね。

画像(250x188)

酒井;設計中はどうでしたか?
奥様;いつも高嶋さんには“もっと我儘を言って欲しい!”みたいなことを仰って頂いていたんですけど、私達意外と収納、収納ばかりで、
ご主人;要望って一体何があるんだろう、っていう感じで。
高嶋;H様は話せば話すほど、効率的というかムダな余裕は別にいい、というか「遊び」はそんなにいらないっていう、そういうシンプルな設計の方がH様には合うんじゃないかと思って。
ご主人;だから「あるべきものがあるべきところにある」という。
奥様;今は二人とも仕事をして育児もしているので“余裕”がないんです。もうちょっとしたら違うかもしれませんが、今は家で優雅な時間を過ごす、というよりも家に居るときは余計な動きをしなくて済むような効率的な動線がやっぱりいいですね。だからピッタリなんです。
高嶋;家って「生活の場所」ですからね。まずそれが出来ることが基本だと思います。

画像(250x167)

奥様;高嶋さんは押しつけがましいところやエラそうなところが全然無くて、主婦目線、母親目線はもちろん、(私達と同じ)庶民目線を持ってくれているところがありがたくて、注文住宅はお金持ちの人達が建てるもの、と思いこんでいた私達にとっては「任せて安心。間違いない!」と思って信頼していました。
ご主人;最初の提案をしてもらった時からちゃんとそうなった理由を説明してくださって、プランのメリットデメリットが納得できたので。こういう形にするとこういう理由で高くなる、とかいうのを予算的に◎、〇、△、×で丁寧に説明してくれたし。
高嶋;プランの段階から「予算は絶対に譲れません」ってずっと仰って頂いていたので、ご予算に収めるのは私の使命だと思っていたんですが、お見積りがどうしても収まらなくて「ああ、申し訳ない!」って思いながらご提出したときに、奥様が「こんなにしていただいてありがとうございます」って仰って下さったんですね。それが衝撃というか。
ご主人;いやいや納得して出せましたから。
高嶋;そう言ってもらえるのがスゴイうれしくて。あの時にスゴク感動したんですよ(泣く)。“ああ、こんなに良いお客さん居ない!”って(更に泣く)。

画像(250x188)

酒井;諫早建設はいかがでしたか?
ご主人;皆さんプロでした。プロに頼めて良かったな、って思います。「この人たちなら大丈夫!」っていう思いで一杯でしたね。
奥様;沢山建売りを見ても全然トキメカなかったんですけど、今はトキメク家に住んで「頑張って乗りきれて良かった!」と思えます。大変でしたけど、とても充実した楽しい一年でした。



小平市H様邸の竣工写真はこちら☞

ページのトップへ ページのトップへ

スタッフブログ