私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

諫早建設株式会社/東京・小平でプロとつくる“美しい家”

«ホームに戻る

スタッフ紹介

工事部マネージャー  門倉 稔(かどくら みのる)

画像(167x250)

『住む人によって“どこをこだわりたいか”は違う、
それを如何にカタチにするかが大変であり面白いところ』


名前門倉 稔(かどくら みのる)
所属部署:工事部 
生年月日:昭和42年9月29日生まれ てんびん座 血液型:B型
出身:東京都昭島市
入社年月日:昭和63年4月
資格・特技:ドライブ

◇お休みの日は?◇
たまのまとまった休みは、やはりドライブですね。結構、遠出もしますよ。
東北・北陸方面は、何回か行きました。いずれは日本全国!願望ですけどね。

■諫早建設での主な役割は?(普段の仕事内容)

現場監督をしています。材料の発注、職人さんの手配など工事の進行管理が主な仕事です。
現在は不動産会社など法人のお客さまをメインに、ビルのリニューアルなどの物件を担当しています。
ビルのリニューアルは、現場の状況など、実際に工事をしてみないとわからないことがたくさんあり、その場でフレキシブルに対応しないとなりませんが、その分やりがいもあります。

諫早建設との出会い(入ったきっかけ)はなんですか?

机にじっと座っているのが苦手な性分と、ものをつくるのが好きだったのとで、建築の仕事を選びました。
子どものころ、近所に工務店があって、廃材をもらってきては、色々なものをつくって遊んでいた記憶があります。
小学校5〜6年ごろから、実家で飼っていた動物のために、犬小屋や鳥小屋などを自分で作っていたりもしたんですよ。
専門学校では建築を勉強しましたが、設計よりも現場の仕事がしたかったので、現場監督の募集があった諫早建設に入社を決めました。

この仕事やっててよかった! と思った瞬間は?

建築の仕事というのは、毎回同じものをつくっているように見えますが、1軒1軒まったく違います。
同じような間取りでも、住む人によって、“どこをこだわりたいか”が変わってくるのです。
諫早建設の家は、特にその部分にはこだわりを持っています。
お客さまの真のご要望を感じ取り、お客さまの思考を反映させるのが、諫早建設の仕事。
それは大変であると同時に、この仕事の面白いところでもあります。

逆に、大変だったなぁ! と思ったときはありますか?

「大変だ」と思ったことは、一度もないです。
と言うか、思わないようにしています。

とにかく「何とかしなきゃいけない」という使命感に支えられて、何とか乗り切ってきました。
徹夜すれば終わる仕事なら、たとえ一人でも徹夜します。
何とかなるなら、何とかする。色々な作業が同時進行する現場の進行管理は、経験を重ねればできるようになる。

今の仕事は、自分でいろんなことを考えながら、やらせてもらっているので楽しいですよ。

気持ちの切り替えは上手い方だと思います。辛いことがあっても、お酒を飲んだら忘れてしまうし(笑)。
飲みに行ってまで、何ともならない仕事のことをぐじぐじ考えてもしょうがない。
翌朝、頭を切り替えて、どうすべきかを考えるようにしています。

今後、仕事やプライベートで実現したい夢を聞かせてください。

会社として、リニューアル事業部を独立させたい。そんなことが実現したら、何より最高です。
プライベートでは、あちこち旅して、全国の美味しいお酒と郷土の料理を堪能したいです。

ページのトップへ ページのトップへ

スタッフブログ