私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

諫早建設株式会社/東京・小平でプロとつくる“美しい家”

«ホームに戻る

竣工! 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x167)

2014/08/08

匠の会のイベントで初めてお目にかかってから2年近くに渡る永いプロジェクトになりました。
計画の内容も当初の増築+リフォームから建て替えへと大きく変わりましたが、ようやく本日、竣工お引き渡しの日を迎えることができました。
ご両親様にも喜んでいただき、これから永いお付き合いが始まります。


世田谷区注文住宅K様邸の続きはこちら☞

世田谷区注文住宅K様邸の竣工写真はこちら☞

世田谷区注文住宅K様邸のお客様インタビューはこちら☞

 

社内検査 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/08/05

昨日は朝から「匠の会」の検査、「完了検査(検査機関)」、「社内検査」と検査漬けの一日でした。
小林も現場で朝からずっと立ち会いましたので大変だったろうと思います。
社内検査では他の現場を担当している監督達が一堂に会して微に入り細に渡ってケチのつけどころを探して歩きました。
最後に全員で“激しく”ディスカッションをしたのですが、結果、ほとんど指摘事項はなく、「良くできてる!」という結露に落ち着きました。
小林としては最後の社内検査が一番緊張する場面でしたので、その点ではホッとしたのではないかと思います。

 

施主検査 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/07/31

今日、ここまで仕上げてくれたのは何と言っても監督の小林の力あってのことです。
実際、一昨日の様子を見ている私としては「これはやっちまった(ムリ)かもしれない」と、思ってしましました。
その後、小林が夜遅くまで現場でがむばってくれて、また職人達も実に良くやってくれたので、無事今日検査をして頂けるまでに仕上げることができました。
そういう意味では今日の殊勲賞は小林ですね。

 

仕上げ作業 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/07/29

工事も終盤になってくると、様々な業種の職人さんが入り乱れての作業になります。
玄関では左官の松澤さんが土間のコンクリートを打っています。外では水道の西村さんが地面を掘って最後の配管を繋ぐ作業をしています。室内では小池さんを始めとする建具チームが最終調整をしています。
電気の山内親子は建て物内外で器具付け、最終配線工事を行っています。
当然ですが、クーラーもないのでみんな汗だくで一所懸命の作業です。
明日はとりあえず1回目のクリーニングを入れて、明後日の施主検査に備えます。

 

足場解体 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/07/28

土曜日、ようやく足場が解体されて建て物の全容が姿を現しました。
1階のキッチンの取付も完了し、便器、洗面台等設備の取付も概ね完了しております。
今週から来週にかけて施主検査を始め、匠の会の検査、役所の完了検査、弊社の社内検査と、検査が目白押しです.

 

キッチン搬入 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/07/18

今日は、ようやくお待ちかねのキッチンが設置されています。まず2階部分ですが、チーム・リクシルが5人総動員で作業をしています。
1階は来週、24日(木)の設置予定です。
並行して建具の取付に取り掛かっています。
現場に来ているのは“見るからに”大ベテランの小池さん。いつもイイ味出してます。口は悪いがウデは確かです。
小池さんはいつも営業の清水さんを現場でボロクソに言っています。が、清水さんも小池さんから見ればヒヨッコなので、いつも言い返せずに黙って耐えています。
とにかく建具の数も多いのですが、来週前半までには全て取付が完了する予定です。
来週はお天気も安定しそうですので、ようやく安心して外壁の仕上げにかかります。

 

クロス&外壁 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/07/10

内部では引き続き見上さんがクロスを貼り続けています。
昨日までは3人で作業をしていましたが、普通の住宅の倍くらいの広さがあるので、とにかく大変そうです。
来週早々には完了する見通しですが、本人汗だくで「がむばります!!」と、言っていました。(最後は精神論!)
並行して外部では外壁の木を貼っています。
普通は外壁専門の業者が入るのですが、「木」ということで今回は弊社の山中大工と田中大工が2人で黙々
と(山中さんが非常に無口なので)作業をしています。

 

クロス下地 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/07/01

クロスの見山(みやま)さんが一人で黙々と、クロスを貼る
前の下地処理として、ボードの継ぎ目やビスの穴にパテを塗り込んでいます。
クロスがキレイに貼れるかどうかは全てこの下地処理にかかっていますので、時間をかけて実に丁寧に作業をしています。とにかく大きいので、途中で助っ人も入るようですが、来週一杯くらいはクロス工事でかかるのではないか、と思います。
並行して外壁の作業も進めて行きますが、クロスが終わるといよいよ器具付けです。

 

大工工事完了!  世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/06/20

大工工事も終盤になり、いよいよ明日で湯本さんはひとまず現場を離れます。
今日、明日の仕事としては、内部の棚等の取り付けと全体の巾木の取り付けなどです。
思えば雪で上棟が延期になり、ようやくまだ肌寒い3月3日に上棟してから早4ヶ月弱。とにかく「大きかった!」ということで通常よりも大分手間がかかったようですが、無事大工工事の終盤を迎えました。湯本さんも感慨深げです。
この後、内部の仕上げ工事に入って行きます。

 

大工工事終盤A 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/06/06

先週からの1週間でガラッと様子が変わりました。
内部は部屋の仕切りが出来上がり、一部造作の棚等が出来つつあります。
1階〜2階への階段も出来上がり、ようやく安全に小屋裏まで行けるようになりました。
1階〜2階への階段は出来上がったばかりで、まだ養生もしていないのでスリッパで上がるのもはばから
れて、思わず裸足で上がってしまいました。
階段が出来上がると大工工事も終盤です。
あと2週間前後でひとまず大工工事が完了し、次の現場(やはり私のお客さまで練馬区です)に移動します。
“ひとまず”と、いうのは他の工事(一部仕上げ関係など)が完了してからでないと施工できない部分があるため、その時期が来たときに再度湯本さんが登場する、ということです。
これからは外絡みの工事も多くなりますので、お天気に大きく左右されます。
毎年のことではありますが、監督が工程の管理に一番頭を悩ます季節です。

 

大工工事終盤 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/05/30

今週は紙版「いさはや通信」にも登場した小柳さんと小林さんが、お手伝いで入っています。
内部の下地ボードが貼られて大分「進んだ感」があります。
階段も徐々に進行中ですが、それぞれ棟梁クラスのベテラン3人がそれぞれ手分けして作業を進めているので、とても頼もしいです。
休憩中は湯本さん、小柳さんが前回手掛けた家のアルバムが出来てきたので、それをみんなで眺めながら思い出話に花が咲いていました。
あと2〜3週間で大工工事は完了する予定です。

 

内部造作 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/05/15

フローリングの床貼り工事からずっとお手伝い頂いていました国友さんが今日で上がります。
ご覧のように床はすぐさま養生をされてしまっていますので、杉岡が撮ってきてくれた写真は、我々でもなかなか見ることがないとても貴重なものです。
今は内部の枠関係を造っています。もうすぐ内部の下地ボード貼りが始まります。
なかなか写真をみてもこのところはジミーな進捗ではありますが、ボードを貼り始めるとグッと「進んだ感」が出てくるかと思います。大工工事もあと一ヶ月前後で完了する予定です。

 

フローリング 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/05/01

現場ではご覧のように無垢の床材を貼っています。
緑に見えるのはスペーサ―と言って、無垢は伸び縮みをするので、ピッタリくっつけて貼らないように
一枚一枚の間を少しづつスキマをあけるのものです。
貼るそばから小林と大工さん達が養生のシートを上から貼って行きますので、貼ったばかりの風景を
ご覧いただけるのは珍しいくらいです。

 

床暖完了 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/04/25

現場は湯本さんの仲間の小林さんがお手伝いで入っています。
ようやくユニットバスが入り、床暖も完了しています。
これから徐々に壁の下地ボードを貼り、床に移って行きます。
ようやく暖かくなり、大工さん達も仕事がし易くなってきたようです。

 

内装下地 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/04/17

現場は断熱材の充填が完了し、内部の下地ボードを貼り始めています。
1階天井の断熱材は明日朝から入れる予定にしています。
外部では外壁の水切りの取り付け作業をしていました。
木製サッシの取付も完了して大分雰囲気が出てきたかと思います。

 

断熱材充填完了 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/04/10

現場は現在木製サッシ以外のサッシの取り付けがほぼ完了し、内部は断熱材の充填作業が完了しています。
今日は内部の電気の配線と給排水工事のために山内電気さん親子と水道の樅木さんが来て、小林と打ち合わせをしながら各自の作業を進めていました。
外部では、屋根の板金工事と同時並行して外壁の下地に透湿防水シートを巻いています。これは文字通り、湿気を外に逃がして外部からの雨水等は通さない、というスグレモノです。これが貼り終わりますと、その上に建物の中の湿気を屋根を通して外に逃がす「通気胴縁」を取り付ける
作業に入ります。



 

大工工事中 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/04/03

先週と比べますと、1階の工事が進んで、断熱材と床の下地が完了しています。同時に外壁の下地も貼り終えています。
断熱材とサッシが現場に搬入されていますので、これからはサッシの取り付けと断熱材の充填作業に入って行きます。


 

躯体検査 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/03/27

今日は監督の小林と設計の杉岡同席の下、瑕疵保証保険の第二回目の検査(躯体構造部、及び防水)がありました。
もちろん無事、合格しました。検査員も現場のキレイさを絶賛してくれました。
今日は湯本さんの他に、いつもお手伝いで来てくれます松田さんが入ってくれていました。何となく「ウォーリーを探せ」に似ている大工さんですが湯本さんとは気心が知れているいい相棒です。
現場は1階の床に断熱材が貼られ、一部床の下地も貼られつつあります。1階の外壁の下地は未だですが、この後、来週になりますが、床の合板にホウ酸の防蟻処理を行います。

 

ベランダ防水 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/03/20

今日は湯本さんの仲間の根岸大工がお手伝いに来て、1階部分の床を貼る準備となる作業をしています。
また、2階のバルコニー部分はFRP防水(写真でグレーに見える部分)が完了しています。
今日も雨が激しく降っていたので、湯本さんは午前中いっぱいかかって雨の吹き込みを防ぐために窓の開口部に外からベニヤを打ちつけていました。今年はこういう本筋以外の作業にものすごく手間を取られています。(必要なのですが)
昨日も春一番が吹き荒れて、養生のブルーシートが風に煽られないようにまとめる作業が大変だったようです。

 

大工工事中 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/03/13

屋根が付きました。これでとりあえず、上からの雨に対してはもう大丈夫です。
湯本さんも今が一番風通しが良い状態ですので、大変なのではないかと思います。湯本チームの現場は諫早の中でも1〜2を争うキレイさです。
今日は台風並みに風雨が強くなる、という予報だったので、朝から湯本さんが雨養生に奮闘して1階の周囲や2階の主だった開口部をブルーシートで養生していました。
また、1階は昨日ホウ酸の防蟻処理も完了しました。

 

祝!上棟 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/03/03

朝方は霧雨が降っていたのですが、10時のお茶の頃には完全に上がって、却って暑いくらいの陽気になり、大工さん達も上着を脱いでの作業でした。湯本チームはいつも仲間たちであっちこっちの現場に手伝いに行っているので、気心も知れていて抜群のチームワークを誇っています。
K様邸は私達にとっても久々に大きな建物でしたが、湯本チームの若くてきびきびとした作業のお陰で無事、上棟まで完了することができました。
当初の予定よりも10日ほど遅れての上棟でしたが、好天の下、品質も安全も確保されて結果的には良かったと思います。

 

土台敷き 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/02/25

本日はお日柄もよく、またポカポカと暖かくて、絶好の「土台敷き日和?」になりました。
棟梁の湯本さんがお手伝いの小西さんと一緒に上棟前の準備として、土台を敷いています。
とにかく大きいので、実は昨日からの二日間かかりです。
お陰さまで今日はお天気も良くて、暖かいので気分的にも随分作業が捗っているようです。
上棟予定の27日はなんとかお天気が持ちそうですが、金曜日はまた小さく雨マークも出てきており
予断を許しません。
こればっかりは天に祈るしかないのが歯がゆいのですが・・・・・。

 

雪・・・ 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建 

画像(250x188)

2014/02/18

先週来の雪で基礎の中は水が溜まってしまっています。
日曜日にも小林が出動して雪かきもしたのですが、これが限界かと・・・・・
ただ、水が溜まっているのは基礎の耐圧盤(底の部分)と立ち上がり部分との間がスキマなくキッチリと打設されている証拠でもあります。
上棟当日、若しくはその前の土台敷きの段階で水がたまっていれば、排水作業をしてからの作業になります。
この雪の影響で、プレカット工場から材料の搬出が思うに
任せず、上棟作業はまるまる一週間せざるを得ない状況になりました。
因みに基礎の周囲に敷いてあるシートは、雨などが降った際に泥はねで基礎を汚さないように、という養生のためのものです。

 

先行外部配管 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

立ち上がりの型枠も外され、再び樅木さんチームの西村さんが外部の給排水管を通しています。特に南側は周囲の木の根が張り出していて、かなり苦戦をしているようです。
周囲の給排水管の先行配管作業は通常二日間程度で完了するのですが、K様邸はなにせ大きいので、その倍くらいの時間を要しているようです。

 

基礎耐圧盤コンクリート打設 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/01/27

金曜日の検査機関に依る「配筋検査」も無事合格し、今日は午後から序盤の“見せ場”でもあります基礎耐圧盤のコンクリート打設です。建物の荷重が全てかかる部分ですので、一番大事なところでもあります。
今日は空気はとっても冷たかったのですが、日差しは暖かく、お陰さまで絶好のコンクリート打設日和になりました。
メンバーは東野さんと阿部さん、左官の山岸さん、それに圧送車(ミキサー車からのコンクリートを強烈な圧力で、ホースを通して現場に送り込む)担当の志田さんの息の合ったチームです。
圧送車からのコンクリートを志田さんが流し込み、東野さんがレベルを合わせて、阿部さんがトンボで均して、最後に山岸さんが表面を仕上げて行く。正に阿吽の呼吸ですね。
今日は晴天ながら気温は低かったのですが、みんな上着を脱ぎ捨てて作業をしています。コンクリートの詰まった重いホースを操る志田さんは、スゴイ圧力に振り回されないように、額に汗まで浮かべての作業でした。
K様邸は他の現場よりも随分大きいので、大きなミキサー車でたっぷり4台分、時間もいつもの倍の約2時間かかって作業を完了しました。
この後、コンクリートが十分固まりましたら、耐圧盤に目安となる墨出しをして、立ち上がり部分の型枠を組んで、またコンクリートを打設します。

 

配筋作業  世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/01/23

真冬ではありますが、お天気も良くて日差しは暖かい。
「日向ぼっこ」とは行かないとは思いますが、日向は結構暖かい。とにかくでっかい家ですので基礎の日向寺チーム総出で作業をしています。
それでもなかなか終わりません。


 

捨てコン 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/01/17

根切りをした溝に沿って砕石を敷き、転圧をしてからその上に防水シートを敷いて捨てコンを打設しています。




 

根切り 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/01/14

基礎を担当する日向寺社長自らユンボを操って、基礎の形状に合わせて溝を掘って行く「根切り」をしています。
寒さのピークですが、職人さん達は思いの外の軽装で頑張ってくれています。


 

地盤調査 世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/10/17

解体が完了したことを受けて、今日は地盤調査です。
広大な敷地ですが、建物が乗っかる四隅と真ん中の5ポイントを測定します。
今回の調査方法はSDS(スクリュードライバーサウンディング式)という、一般に行われているスウェーデン式よりも詳細な数値が出ると言われている方法です。
結果が出るまでは私たちも心配で気が気ではありません。



 

解体中  世田谷区注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/10/10

世田谷の経堂駅からほど近い所での新築工事です。
それに先だって既存家屋の解体工事が進んでいます。
ここに住まわれていたご両親さまはお近くに仮住まいをされていますが、建築主様が生まれた頃から何十年も住みなれた家が解体されてゆくのをご覧になるのはなかなか辛いところもあるのではないかと思います。
新しい家に入って、「良かった!」と仰っていただけるよう、私たちも一所懸命に施工させていただきますのでどうかご期待下さい!

 

ページのトップへ ページのトップへ

スタッフブログ