私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

諫早建設株式会社/東京・小平でプロとつくる“美しい家”

«ホームに戻る

完成!引き渡し  小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/05/27

先週の施主検査から若干の是正工事を経て今日はいよいよお引き渡し。
お天気にも恵まれてお客様も満足そうです。
お引き渡しは「終わり」ではなくて、これから永いお付き合いの始まりです。


小平市Y様邸の続きはこちら☞
小平市Y様邸の竣工写真はこちら☞

 

外部配管工事  小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/05/12

最後の工程、給排水の配管を敷地の内外でつなぐ工事を行っています。
水道の樅木さんの相棒、西村さんが一人でスコップを持って穴を掘っています。結構な重労働です。

 

足場解体 小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/05/07

足場が解体されて建物の全容が姿を現しました。
通りがかりの人達が新しい家をまぶしそうに見上げて行きます。
現場はこれから最後の工程、外構工事に入って行きます。

 

クロス工事中  小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/05/01

5月に入ってちょうど良い季節に入ってきました。
造作家具の取り付けなど大工工事も完了し、内部ではいよいよクロス工事に入っています。
内装の下地ボードの少しのデコボコも見逃さないように、ビスの穴までキッチリとパテで平らにしてからクロスを貼って行きます。
この下地作業を如何に丁寧に遣るかがそのまま仕上げの美しさに直結します。

 

階段完了 小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/04/22

ようやく階段の取り付けが完了しました。
これでお客様も安全に2階まで上がれるようになりました。
階段が出来上がると大工工事も終盤戦。そろそろ造作の家具など仕上げの工程に入って行きます。

 

階段施工中 小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/04/11

大工工事も終盤戦。いよいよ階段の施工に入ってきました。
階段が出来上がってくると、お客様も安全に2階への上り下りができるようになりますので、現場でのお打ち合わせも随分と楽になります。
因みに「階段」と一口に言いますけど、これ、造れない大工さんも多いんですよ。

 

内装下地ボード  小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/04/03

断熱材を充填したところに内装の下地ボードを貼って行きます。これがデコボコだとクロスを貼った時に表面に不陸を生じてしまいますので、ここでの作業はとても大事になります。

 

続・断熱材充填 小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/03/28

内部では大工さんが引き続き断熱材を充填しています。
今回の断熱材は「高性能グラスウール」です。スキマがないように端から端までキッチリとはめ込んで行きます。
諫早建設では様々な断熱材をお客様のご予算と拘りどころに依ってご提案させていただいています。

 

電気配線工事 小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/03/19

日興電機の鈴木さんが相棒の高橋さんと一緒に内部の電気配線工事をしています。
沢山の線を的確に引っ張って行きますので非常に細かい作業になりますが、鈴木さんは実に根気よく進めて行きます。


 

断熱材充填 小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/03/12

内部に断熱材を充填しています。
使っているのは高性能グラスウール。
ご覧のように天井から壁まで隙間なく丁寧に詰め込んで行きます。



 

通気胴縁 小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/03/06

ぱっと見は、ただのしょぼい平たい棒ですが、これは「通気胴縁」と言って、外壁と内壁との間に隙間を作って、室内の湿気を屋根から外に逃がすというスグレモノ。
万一、外壁から水が入ったとしても、この隙間を通して下に落ちて行くので、室内に水が入ってしまうこともありません。



 

屋根板金工事 小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/02/25

屋根の防水工事が終わると仕上げの板金工事です。
今の時期はむしろ暖かくてまだまだイイのですが、これが真夏になると暑くて暑くて屋根の上で鉄板焼きになりそうになります。



 

大工工事&現場監理  小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/02/13

大工工事が始まると設計の高嶋はしょっちゅう現場に足を運んで監理をしています。
この「監理」という仕事はなかなか地味で分かりにくい部分もあるのですが、建て売りではなくて注文住宅の場合は特に大事な作業になります。
なので、設計は「図面を書き終わったら仕事終わり!」というわけには中々行きません。




 

屋根防水  小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/02/07

上棟後、真っ先に遣らなくてはならない工事が「屋根の防水工事」です。
兎にも角にも、屋内への雨水の侵入を防ぐ工事を最優先で進めます。
しばらくは良いお天気が続くことを大工さん共々祈っています。


 

祝!上棟  小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/02/05

先週末の大雪も何のその、今日は願ってもない好天に恵まれて無事上棟作業が行われました。
いつもそうなのですが、上棟は一日で現場の風景がガラッと変わりますので、お客様もとても驚き、そして感激してくださいます。
大工さん達もそういうお客様の喜んだ顔を目にすると一日の疲れが吹き飛びます。



 

外部配管  小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/01/28

今日は弊社の名物(?)の水道屋さん、樅木(もみのき)さんが、相棒の西村さんと一緒に基礎の周囲に先行配管を廻しています。
隣地境界との隙間こはユンボが入らないので、全部手作業で溝を掘っては埋め戻しているので結構大変です。
明日も引き続き樅木チームが現場で作業をする予定です。
今日、日中は風もなくポカポカと暖かかったので、休憩時には二人とものんびりまったり。
いつもいい味出してます。



 

基礎耐圧盤コンクリート打設 小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/01/18

配筋検査の合格を受けて、今日は基礎耐圧盤(建物の一番底の部分)のコンクリートを打設しました。
いつもの日向寺社長のチームです。
圧操車の中田さんと日向寺社長の息の合った作業で見る間にコンクリートが打設されて行きます。
真夏ですと中田さんが汗をびっしょりかいているのですが、サスガに今日は寒いのでそういうことはありません。
それでも二人とも防寒着を脱いでの作業です。
序盤戦の「見せ場」ですね。



 

配筋検査 小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/01/07

基礎の耐圧盤の配筋作業が完了して、今日は瑕疵保証保険の第一回目の検査、「配筋検査」です。
監督の岸が立ち会いましたが、余裕の表情。
検査官もキレイに張り巡らされた配筋の美しさを絶賛して下さいました。
もちろん無事「合格!」して、次はコンクリートを打設します。



 

配筋開始  小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/01/10

根切りが完了し、今日からは配筋作業に入っています。
大ベテランの山岸さんが黙々と作業しています。
いつもよりも細かいピッチでの配筋で、一本一本の鉄筋を地道にコツコツと丁寧に組み上げて行きます。
実に根気の要る仕事で、私にはとてもムリ。



 

根切り  小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/01/07

昨日の遣り方を受けて、今日は早速現場にユンボを入れて根切りを始めています。
ユンボを操っているのは、基礎の日向寺チームの大ベテラン、山岸さんです。
基礎の形状に合わせて溝を掘って行きます。
掘った後の残土はダンプでピストン輸送で捨てに行きます。
これだけの住宅でも結構な残土が出るのですよ。



 

遣り方 小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/01/06

新年早々ですが、小平市Y様邸の着工です。
まずは「遣り方」。
監督の岸が松澤さんと一緒に慎重に作業を進めて行きます。
街中で良く見る光景ですが、これは単なる「囲い」ではなくて、建物の正確な位置とレベルを決める、とっても大事な目安になるものなのです。
なので、作業中には高嶋も監理者としてチェックをさせていただきました。

 

地鎮祭  小平市注文住宅Y様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/11/28

着工は年明け早々の予定ですが、あまり寒くなる前に、ということで地鎮祭を執り行いました。
近くにお住まいのご両親さまにもご参加いただきこの時期としては暖かな日差しの下、しめやかに祭事が進行します。
奥様は年明け早々にお二人目のご出産を控えていますが、大きなお腹を抱えながらご参加いただきました。
最後「直会(なおらい)」のときに、どうも杯が一つ多い。
神主さんに「ひとつ多いですよ」と、言うと
「お腹の赤ちゃんの分です」と、気の効いたひと言が。
こういうちょっとしたことが嬉しいものです。
どうか元気な赤ちゃんが産まれますように!



 

ページのトップへ ページのトップへ

スタッフブログ