私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

諫早建設株式会社/東京・小平でプロとつくる“美しい家”

«ホームに戻る

竣工! 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x167)

2014/11/01

思えば、解体のときから、解体の下田社長がお母様と同郷だということが発覚して大いに盛り上がったF様邸。
今日、無事お引き渡しです。
地鎮祭の時にはいなかった新しいご家族も加わり、これからこの新しい家でご家族の形も変化して行くのだと思います。
その時は是非また私たちを呼んでくださいね。


練馬区F様邸新着現場ニュースの続きはこちら☞

練馬区F様邸の竣工写真はこちら☞

練馬区F様邸のインタビューはこちら☞


 

施主検査 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/10/25

器具付けも完了して、今日は施主検査。
隅から隅まで穴のあくほど検査していただきました。
同時並行して外部では左官の松澤さんが基礎の立ち上がり部分のモルタル化粧をしています。
来週のお引き渡しに向けて急ピッチで作業は進みます。

 

器具付け 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/10/08

今日でクロスが完了して、それを受けて今日の午後から水道の樅木さんチームの西村さんがもう器具付けに取り掛かっています。
まずはキッチンの下を覗き込んで、キッチンの給排水の繋ぎからです。便器や洗面台などが現場に届き次第、それらの取り付けに入って行きます。
クロスは大きなところはイイのですが、結構ニッチなどの細かい作業が多かった(要は大きなクロスをバーンと一気に貼れない。少しづつ切り貼りしないといけない)ので当初の予想よりも大分大変だったようです。
今日も見上さんが「結構大変だったけどキレイに仕上がったと思いますよ!」と、言っていました。

 

クロス 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/10/02

今日から内部のクロスを貼る作業に入っています。
オオタクロスの太田社長自らが見上さんと一緒に二人で作業をしています。写真で白くマダラに見えるのは、クロスを貼る前の下地のパテ処理です。
内装下地ボードの不陸(デコボコ)やビスの穴などを平らに均して行きます。この処理を如何に丁寧に遣るかどうかが仕上がりの美しさに直結します。
今週中には吹きぬけ部分のクロス貼りを完了して内部の足場は解体する予定です。全てのクロスが貼り終わるのは来週の火曜日、若しくは水曜日頃になります。
また、外部は仕上げの吹き付け作業が完了しています。
これをもって土曜日には外部の足場も撤去されて、ようやく建物の全容が姿を現します。


 

塗装工事 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/09/27

今日は内部では栗原塗装の栗原さんが入って階段の鉄骨部や家具等の塗装作業をしています。日曜日ではありますが、明日も作業をして、今日明日で塗装工事は完了する予定です。
また、同時に左官の松澤さんが相棒の伸さんと一緒に入って、火打ち(壁の角に斜めに取り付けられている金属のモノ)の取り付け部の穴を埋めています。数が多いので結構手間がかかっているようです。
この後、クロスが入って器具付け等に進んで行きます。



 

大工工事完了 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/09/22

湯本さんが最終の作業を行っています。
明日、建具と巾木の取付を完了して大工工事が全て終了!
と、なります。長いことお世話になりましたが、湯本さんとは明日でお別れです。
先週はお手伝いで大ベテランの山中さんが入ってくれて、階段下の造作や畳コーナーなど非常に細かくて難しい造作をして風のように去って行きました。
因みに階段下の納まりは相当大変だったようですが、サスガは山中さん、実にキレイに仕上げてくれています。
外壁も下地が完了していますので、あとは仕上げを待つばかりです。



 

キッチン完了 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/09/11

大工工事も終盤にかかってきて、部屋の仕切りも出来上がりつつあります。今週は今日まで、松田さんがお手伝いに入って、主に造作家具や棚、書斎の机などを造ってくれています。
一昨日、キッチンが取り付けられました。
湯本さん曰く、「通常キッチンは2人で一日かからないくらいなのに、今回のキッチンは3人がかりで丸々一日たっぷりかかって取り付けていたからスンゴイですねえ!!いやあ素敵なキッチンですねえ。僕も思わず見惚れてしまいましたよ!」
とのことでした。
施工直後に段ボールで厳重に養生をされていたのを、湯本
さんに手伝ってもらってわざわざ養生をはがして撮影しました。

 

内装下地ボード 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/09/05

今年は例年に比べて暑い日が少ないようで、極度の汗カキの湯本さんも大分楽なのではないか
と勝手に想像をしています。
内部は内装の下地ボードがほぼ貼られた状態です。
一部棚等も取付が完了して、部屋の間仕切りもかなり出来上がっています。

 

鉄骨階段 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/08/28

いきなりですが、階段が出現しています。
火曜日から作業をして今、あとは段板と鉄骨本体の最後のビス止めをするまでに仕上がっています。
内部では湯本さんが孤軍奮闘!
内装の下地ボードを貼っています。
今週は大分涼しいので、汗カキの湯本さんにとっては仕事も捗るでしょう。
あと2〜3週間で大工工事も完了する予定です。

 

フローリング 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/08/19

先週、一週間、湯本さん達が頑張ってくれたお陰で、現場は劇的に進行しています。
床貼りがほとんど完了しています。
フローリングは貼って行く傍から、汚れたりキズがついたりしないように上に養生のシートを
被せて行ってしまいますので、全容が姿を現すのはお引き渡し直前、クリーニングの時にな
ります。(途中でなかなか全体感が見えないのが残念ですが・・・・・)

 

床暖完了 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/08/11

今日は湯本さんの他に松田修さん、高橋塁さんのお手伝いが入って3人で賑やかに手分けをして作業を
しています。
サスガに気心の知れた3人が入ると実に著しく作業が進みます。
断熱材の充填も終わり、既に先週、木曜日に風呂の搬入、設営が完了し、床暖(銀色に見えるシート状
のもの)も終わっています。
今日は湯本さんが2階南側のアールの壁面を仕上げていました。
並行して1階では松田さんが床を貼りつつあり、高橋さんは2階の天井の内装下地ボードを貼っています。

 

断熱材充填  練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/08/05

今日は松田さん以下お手伝いが二人入って、計3名での作業です。
前回作業中だった外壁の透湿防水シートは完了しています。
内部は断熱材が充填されて、これでようやく内部での作業も多少、一息つけるのではないでしょうか。
やはり(当たり前ですが)お手伝いが入ると作業は見る見る進んで行きます。

 

サッシ完了、透湿防水シート 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/08/01

内部はサッシの取付が完了しています。これから断熱材の充填作業に入って行きます。
外部では外装担当のゴウダの大平さんが外壁の下地作業としてまずは「透湿防水シート」を貼っています。
これは文字通り室内の湿気を外に逃がして外からの水は防ぐという優れモノです。
大平さん曰く「この家は陽当たりが抜群だからクラクラしちゃうよ」とのことでした。
兎にも角にも安全第一で作業をしてもらいたいものです。

 

大工工事中 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/07/25

今日も湯本さんが酷暑の中、がむばってくれています。
現場に行くとまず目に飛び込んできたのが写真の赤いTシャツ。汗カキの湯本さんが、たまらず着かえて干しておいたそうです。
湯本さん曰く「今までは壁もなかったので、風通しは抜群だったんですけどね」と。
残念ながらいつまでも壁の無い家、と言うワケにも行きませんので。
現場は1階の外壁の下地が完了して、玄関の扉が取り付けられ、サッシも順次取り付けられています。また、断熱材も搬入されました。
少しづつ「家」らしくなってきています。

 

宅内配管  練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/07/19

今日は水道の樅木(もみのき)さんが、相棒の西村さんと一緒に宅内の給排水の配管工事をしています。
これから何回も現場で見かけるコンビです。


 

床下断熱  練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/07/15

今日は湯本さんが1階床下に断熱材を敷き込んで、その上に下地のボードを貼っています。
ようやく床がフラットになりました。
湯本さんはとにかく汗カキなので、この季節は一人で大仕事をしたようにあせびっしょりで作業をしています。
(いや、実際しているんですけどね!)



 

大工工事 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/07/10

上棟後、最優先で屋根を架ける工事をしましたので、現在は屋根から雨が落ちてくることは無いのですが、強風で雨が吹き込まないように大きな開口部はブルーシートで養生をしています。2階部分は大分外壁の下地ボードが取り付けられています。
現場にはサッシや玄関ドアなどが搬入されています。まずは2階から外壁の下地を取り付けていますが、今晩からの台風接近に備えて岸がしっかりと養生をしてきました。



 

祝!上棟  練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/06/26

生憎の雨で予定から2日延期をしましたが、今日はお陰さまでお天気にも恵まれて、予定していましたところまで無事工事を進めることができました。
大工の湯本チームはいつも実に愉しそうに作業を進めて行きます。やはり、「つくる」ということが根っから好きなんだろうな、と思います。



 

土台敷き 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/06/23

今日はいよいよ湯本棟梁(紺のシャツ)が登場して、お手伝いの小西さんと一緒に基礎の上に土台を敷いています。
いつものようにさわやかな笑顔が素敵です。
心配されたお天気も途中で一瞬ぱらっときましたが、作業には全く影響もなく、無事、今日予定していた工程を完了することができました。
木曜日に予定している上棟作業ですが、天気予報を見ると前後が雨模様ですので、未だ微妙な状況です。


 

先行配管 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/06/20

今日は現場に東京ガスが来て、床暖房のガスの先行配管を廻していました。
また、外部では松澤さんが相棒の伸さんと一緒に丹精込めて玄関の階段を造っています。暑い中、日笠が良く似合っていて、一見“ベトナムか!”と突っ込みたくなります。
松澤さん曰く
「自分で造っておいてナンだけどさ、こりゃいい階段になるぞ!!」
と、いうことでした。
そう言われると、出来上がりが楽しみです。

 

型枠解体 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/06/11

基礎の型枠が外されました。
あれからの雨で多少ハネが上がったりはしてしまっていますが、躯体そのものはキレイにしっかりと打設されています。
今週は雨が続きそうですが、来週からは仮設トイレの設置等上棟作業に向けての準備を進めます。

 

基礎立上りコンクリート打設 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/06/05

今日は思いっきり雨の予報で心配しましたが、岸が「お天気男」だという何の根拠もない信念の下に、日向寺社長は敢えてコンクリートをキャンセルしませんでした。結果としましては、作業中は殆ど雨らしい雨も降らず、無事作業を完了することができました。(サスガは岸の神通力(?)です)
作業の手順としましては、コンクリートを型枠に流し込む前に、型枠の内側にコンクリートの剥離剤を塗って行きます。
今日の圧送車は石井さん。石井さんが型枠の中に流し込んだコンクリートに、阿部さんが空気を抜くと同時に型枠の隅にまでコンクリートが行き渡るように入念にバイブを掛けて行きます。更に型枠とコンクリートの間に入った空気を抜くために奥山さんが櫛状の道具をコンクリートと型枠との間に差し込んで空気を抜いて行きます。
最後に阿部さんがレベルを調整しながら上部をコテで仕上げて行きます。
と、言うような作業で、約2時間弱で完了しました。
このあとは少し養生の時間を置いてから型枠を外して行きます。

 

基礎耐圧盤コンクリート打設 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/06/03

梅雨に入る前に基礎の耐圧盤(建物の荷重が全てかかるところ)のコンクリートを打設しました。
基礎の日向寺チームのいつものメンバーです。
圧送車の中田さんがミキサー車からのコンクリートを流し込み、日向寺社長、山岸さん、奥山さんが内部の空気を抜きながらレベルを調整し、表面を均して行きます。


 

根切り 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/05/19

いよいよ本格的な基礎着工です。
まずは「根切り」から。基礎の形状に沿って溝を掘って行きます。
器用にユンボを操るのは基礎工事の日向寺チーム、日向寺社長です。
この道○○年の大ベテランです!



 

地鎮祭 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/04/05

今日はお陰さまでお天気にも恵まれて正に地鎮祭日和。
ご家族の皆様にもお集まりいただいて、これからの工事の安全とご家族のご健康、ご繁栄を祈念して神主さんにお祓いをしていただきました。
終了後、監督には神主さんから「鎮物」が渡されます。
これはこの後、基礎に着工した時に建物の中心に納めさせていただくものです。



 

地盤調査 練馬区注文住宅F様邸木造2階建

画像(250x188)

2014/03/11

解体が完了して更地になったところで、プランに合わせて地盤調査を行います。
建物の四隅と真ん中、合計5ポイントで測定。
地耐力と上に建てられる建物の重さとの兼ね合いで地盤改良が必要かどうかを判断します。
地盤改良には時として結構な金額がかかってしまうこともありますので、お客様はもちろんですが、私たちもドキドキしながら結果を待ちます。
お陰さまで今回は「改良なし」という判定が出ましたので、このまま基礎工事に進んで行くことができます。

 

ページのトップへ ページのトップへ

スタッフブログ