私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

諫早建設株式会社/東京・小平でプロとつくる“美しい家”

«ホームに戻る

完成  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/07/18

地盤改良から着手したN様邸。
敷延狭小地の3階建て。
作業しずらい面もありましが
良い仕上りの建物です。



 

施主検査  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/07/11

緊張する施主検査。事前にチェックはしていても
プロの目と施主の目は違います。図面通りか、
傷汚れはないか、ドアの開閉は…。

 

あと少し  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/07/06

養生材を剥がしてクリーニング屋さんが
入りました。数か月ぶりに見る床板は美しく
張れてました。システムキッチンも美しい。

 

再登場  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/07/02

ルーフバルコニーのウッドデッキ造作の為に
再登場したのは大嶋棟梁。防水面に調整脚をボンド付けして
デッキ材を組み上げます。

 

ガラス  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/07/01

階段部分の腰壁はガラス。
薄暗くなりがちな階段スペースも明るいです。
万が一のために特殊加工したガラスです。

 

器具付けA  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/06/28

浴室で水栓金具を取付け中の樅木住設の西村さん。
締め付け過ぎるとタイルがひび割れするので
微妙な力加減で取付けます。


 

器具付け@  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/06/26

クロス工事が終了して器具付けするのは、
日興電気の鈴木さん。天井裏で隠れてしまうけど
美しい配線をした張本人。

 

タイル屋さん 世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/06/26

N様邸の浴室は在来のタイル張り。
浴槽を水平に据え付ける為の架台を
造作中の斉藤タイルの森下さん。
ガタ付き原因にならないようシビアな作業。

 

クロス張り  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/06/25

パテ処理で平滑にしてからクロス張り。
壁に向かっての作業なので後ろ姿でごめんなさい。
この職人さん、二枚目なのに。

 

塗装中  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/06/11

大工さんに続いて塗装屋さん。
ペンキが飛び散って周りを汚さないように
シッカリと養生してから塗布します。
栗原塗装の設楽くん。新着現場ニュースでは常連さん。

 

左官屋さん  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/05/31

浴室はタイル張りなので下地の防水紙、ラス網張りの
最中の松沢工業の松沢さん。これにモルタルを
塗り込みます。

 

木工事終了  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/05/31

木工事終了の最後の仕事は可動棚。
大きなパネルをカットして木口にテープを張る
地道な作業。
大嶋棟梁、お疲れ様でした。

 

棚板  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/05/26

壁から突き出ている棚板。L型金物で補強してません。
ボードを張る前に壁内で補強固定してます。
ボードを張るのも一苦労だけど仕上ると美しい。

 

社内検査  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/04/25

木工事途中での社内検査。
営業、設計、工務が集合して辛口意見。
大嶋棟梁を交えてのディスカッション。

 

外壁  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(308x231)

2016/04/26

通気胴縁が打ち終わると仕上げ工事の
サイディング張り。三階に材料を揚げるのも
ひと苦労です。

 

ボード張り  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/04/20

仲間の田中大工さんはボード張り。
下地とは言え、クロスの仕上りを左右する
大事な工程です。突き付け具合が腕の見せどころ。

 

床板張り  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/04/11

大嶋棟梁が床板張り開始です。
梱包から出して仮に並べ、バランスを見ながら張ります。
大嶋棟梁のセンスにお任せです。

 

透湿防水シート  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/04/05

サッシ取付けが終わり外壁下地工事に着手。
手始めに透湿防水シート張り。これが優れ物。
建物の湿気を逃がして雨の浸水を防ぎます。

 

サッシ  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/04/01

現場にサッシが搬入されました。
ペア硝子なので結構重たいです…。
大嶋棟梁は力持ち、余裕ですよね。

 

配管  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/03/24

水道屋さんも同時進行。
遮音材を排水管に巻いて流水音を緩和します。
生活すると気になるところですよね。


 

配線  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/03/22

分電盤に結線される配線の本数がすごいです。
梁に合わせて美しく配線をする日興電気の鈴木さんは
もっとすごいです。見えなくなるところも美しくないと。

 

ダンパー  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/03/17

N様邸採用している「TRCダンパー」は、制震ダンパーです。内部の“特殊減衰ゴム”が伸び縮みすることで、地震エネルギーを熱エネルギーへ変換し揺れを吸収します。
「耐震+制震」となり安心できる住宅になります。



 

耐力壁   世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/03/12

N様邸は狭小地の3階建て。
耐力壁の筋交いタスキ掛け+補強金物。
受け桟をまわして構造用合板を張る壁もあります。




 

防水下地  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/03/10

N様邸の屋根は陸屋根でFRP防水仕様。
水勾配を付けながら根太組みをして合板を張ります。
台形のぼ凸部にはトップライトが付いて階下に
明りをそそぎます。




 

祝!上棟  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/03/07

天気回復を祈りながらの建て方。
敷き延の旗竿地でレッカー車が使えないので人海戦術の手起こし。
安全に気を使いながら声を掛けあい作業を進めます。





 

土台敷き  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/03/05

先行配管、足場掛けが終わりました。
現場の要と言うべき大工さんが土台敷き。
休憩中の大嶋棟梁と図面読み込み中の田中大工。





 

養生    世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/02/23

立上げ打設、天端均し後、寒さ対策でシート養生。
この後は枠払い、外部配管、足場掛け、構造材搬入。
来月から大工さんが登場します。



 

立ち合い   世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/02/18

N様邸は設計事務所・アノットデザインの設計。
設計士・西田氏と松石氏の立会いのもと基礎耐圧盤打設。
日向寺チームとポンプ屋・中田さんの息の合った打設で
無事に終了。




 

蓄熱式床暖房  世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x187)・拡大画像(640x480)

2016/02/16

配筋工事が終わりコンクリート打設前に蓄熱式床暖房の
配管を設置。
配管で使った架橋ポリエチレン管は100m以上。
建物全体を温めてくれます。




 

基礎下断熱 世田谷区注文住宅N様邸木造3階建

画像(144x108)

2016/02/11

基礎屋さんが転圧地業した上に断熱材を全面に敷き詰めて
継手をテーピング。
この後、鉄筋を組んで蓄熱式暖房用の配管を設置して
コンクリートを流し込みます。











 

次のページもご覧ください

ページのトップへ ページのトップへ

スタッフブログ