私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

諫早建設株式会社/東京・小平でプロとつくる“美しい家”

«ホームに戻る

諫早建設の制震住宅

地震に耐えるだけではなく、地震を制するという考え方。
制震パネル「安震ウォール」を使用した地震に強い家づくり。

画像(639x410)
地震のエネルギーを吸収し、揺れを制する家づくり。
画像(170x223)

現在、地震に対応できる建物が数多く発表されてきております。
しかし、地震の揺れから家を守る方法も1種類ではありません。
例を挙げると、耐震や免震などです。

ここで今回諫早建設が提案するのは、そのどちらでもない「制震」という考え方です。それは地震に耐えるだけでなく、また逃れるだけでもない。地震のエネルギーを逆に利用して揺れを抑えるというもの。

その「制震」へ行き着くのに、一番はじめに揺れないものとして考え出されたものは「振り子」でした。振り子は空気中ではかなり長い間揺れていますが、水の中に入れるとすぐ止まってしまいます。それは、水という物体の抵抗がその振り子の揺れを止めるからです。

ただ、建物を水の中に入れることはできないので、チューインガムのようなもので代用できないかと考えました。
つまり流体の粘りを利用するということです。


画像(170x153)

次に、
そのチューインガムにあたるものをうまく使いこなすにはどうしたらいいかと考えました。

建物が揺れるときには、下の階の床と上の階の床が逆に動きます。
だから、下から板を出しておいて壁の部分に粘りのあるものを挟んでおけば「揺れ」は抑えることができるだろうという結論に達したのです。

この、地震を制する壁材をダンパーと呼びます。このダンパーを使えば揺れは非常によく止まります。

しかし、コストもかかるものなので、ダンパーはできるだけ薄くしなければなりません。しかも、すぐ切れないようにしたい。そして、様々な角度からの研究の結果、そのダンパーの強度を上げることに成功しました。

その成果が「安震wall」なのです。
地震のとき下階の床と上階の床は逆に動きます。

その動きを利用して、揺れを抑えることはできないだろうか?そんな疑問が生んだ壁です。

その構造は、
下階の床と上階の床をつなぐ壁にチューインガムのような粘りのあるものを装着させ、揺れを抑えるというもの。

そしてそのチューインガムの性能向上と低コスト化、
つまり強さと揺れ止めを兼ね備え、市場で受け入れられる価格を目指した研究成果が「安震wall」には詰まっているのです。

耐震 + 制震 安震Wallの強さの秘密。

安震wallは、安価で性能の高い“耐震+制震”の考え方を利用しています。
これは地震に耐えるだけでなく、地震のエネルギーを吸収して、揺れを緩やかにするというもの。
いろいろな条件の下、できる限り家族に安震を!そんな生活を最大限に可能にするのは制震工法の「安震wall」です。

強さの秘密は実験で得たパネルのこの皺(シワ)にあります。
地震の揺れによる力が付加され、「安震wall」自体に皺が寄ります。
これは「安震wall」が地震の強い力を吸収している証拠でもあるのです。

この皺は下の写真でも分かるように、元に戻るので、次の地震にも備えることができます。

画像(600x177)

ここでは「安震wall」がどのように地震に反応するか、障子を使って説明します。
枠組みだけの障子は簡単に変形してしまいますが、障子を貼ったとたんに丈夫になります。

その皺が、障子自体の剛性を生んでいるのです。この剛性を「安震wall」は利用しました。

地震によって特殊合板に接着した粘弾性に皺ができます。
皺となって現れたエネルギーを「安震wall」で取り付けた装置が吸収するということです。
枠組みで耐えて、皺で制するという理論です。

このように「安震wall」は、耐震工法と制震工法のデメリットを打ち消した、耐震+制震技術の最高峰の製品です。

お客様の声(東村山市大平様邸)

画像(250x188)

3月11日の一番大きな地震の時は私は家に居なかったんですけど、その後
の余震のときにはやっぱり揺れは感じにくいかな、とは思いましたね。
当然和室の引き戸はガタガタガタガタ音がするんですけど、実際に体に感じ
る「揺れ」としてはほとんど感じませんでしたね。
引き戸だけは“これしか揺れてないのにうるさいな”って感じでしたよ。
地震が来ても、しばらくは揺れているのにも全然気づかないんだけど、照明
が揺れだしたりするのをみんなで眺めて、引き戸がガタガタしだして初めて
「やっぱり揺れてるんだ!」って感じでしたね。
でも意外と地下は揺れた、って言ってましたよ。
その後の大きな余震の時には娘が地下に居たんですが、1階に飛び出してきて、
「地下の方が揺れてる!」
って言っていたくらいです。

物が倒れたり落ちたりすることも全然なくて、強いて言えば2階の趣味の展
示室のフィギュアが2〜3個倒れてたかな、という程度でしたね。
とは言ってももともと普通に置いておいてもすぐに倒れちゃうような不安
定なものですけどね。

内部の珪藻土も全く割れなくて(クラックが出なくて)驚きましたよ。
「安震ウォール」は
“地震がくると、それ自体にシワが寄って地震の揺れを吸収する”
って聞いていたので、ある程度は珪藻土にもヒビが入るんだろうな、と漠
然と想像していたんだけど、結果的に全く割れてないってことは、実際に
は建物の揺れそのものがかなり少なかったんじゃないかなあ。
いずれにしても体に感じる揺れは本当に無かったですよ。
3階にでも居ればまた違ったのかもしれませんけど、地震のときにわざわざ
3階まで行きませんしね。

画像(250x188)

設計当時も「地震に強い家」ということで、「耐震」にするか「制震(=安
震ウォール)」にするか随分悩みましたけど、諫早さんが、監督の岸さんの
過去の何軒もの経験も踏まえて「安震ウォール」を薦めてくれたのでこっち
にしたんですが、竣工した途端にあんな大きな地震がきて図らずも性能を確
認出来ちゃいましたよね。
最初はガチガチに固めちゃうよりは多少動いた方が建物には良いのかな、と
いう程度の感覚でしたけどね。

でも「効果があった」って良く分からないですよね。
要は「何にも無かった」ワケですから。
これがヒドければ、「ヒドかったね」ってなるんでしょうけど・・・・。
埼玉のアパートは“内部のクロスが破けた”って報告がありましたし。
でも実際、TVの横の温度計が倒れていなかったのは驚きでしたね。
最初の地震の時に“いくらなんでも倒れているだろうな”と覚悟して帰宅し
たらあれだけ背が高くて長細くて不安定なものが全然倒れてなかったですも
んね。
それを見て改めて「ああ揺れが少なかったんだな」って。
そうしてみると
「むしろあの大きな地震のときにここに居てみたかったな」
なんてね。(笑)



耐震工事のご相談は、こちらから

多くの経験のある大工職人を抱える諫早建設では、その強みを活かし、
毎日の生活に「安全と安心」を提供する耐震リフォームを実施しています。

「建物再生」には欠かせない建物・地盤などの調査をはじめ、「安震ウォール」のご提案など、
構造設計士・監督・大工が一丸となって、みなさまのご不安や願いに幅広く対応させていただきます。

**************************************

▼ご連絡はコチラまで

・電話:042−343−7890
・FAX:042−345−4835

※お問い合わせの際に、「耐震リフォームの件で」とお伝えください。

▼メールでのご連絡はコチラからお願いします

※は必須項目です。
お問い合わせ内容
ご住所 -
フリガナ
お名前
電話番号 --
メールアドレス

 

ページのトップへ ページのトップへ

スタッフブログ