私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

諫早建設株式会社/東京・小平でプロとつくる“美しい家”

«ホームに戻る

2011/08/17 根切り工事完了

画像(250x188)

普通だと1日で大方完了する根切りですが、今回は建物そのものが大きいのと、深く掘らなければならないので、大分手間がかかっています。
とはいうものの、ようやく今日で完了できる見通しです。
前面道路が狭いのにバス通りで、且つ車の通行量も多いので、大きな作業をするたびにガードマンをつけて安全には十分に注意しなければなりません。
警察からも再三「バス止めちゃダメですよ」とクギを刺されながらの作業です。

 

2011/08/16 根切り開始

画像(250x188)

昨日の遣り方完了を受けて、いよいよ基礎着工です。
日向寺土建の日向寺社長自らユンボを華麗に操って基礎を掘って行きます。

 

2011/08/12 看板デビュー

画像(250x188)

諫早建設の自社設計・施工物件に掲げる看板が出来あってきましたので、早速仮囲いに掲示しました。
タイトルは「美しい家をつくる」。
どうぞご期待ください!

 

2011/08/11 遣り方

画像(250x188)

世の中はもう、今週から夏休みに入っているところも多いようですが、現場は基礎工事の準備段階である「遣り方」が完了しています。
道を歩いていますと、こういう光景を良くのではないかと思いますが、これは建物の正確な位置(配置)と、基準となるレベルを決めて行く、これからの作業にとっては非常に大事な工程です。

 

2011/08/08 歩道切り下げ

画像(250x188)

基礎工事着工を前に、今日は歩道の切り下げ工事です。
敷地の前面に1m弱の幅の歩道があるのですが、今回の新築工事を機に、敷地内への車の出入りができるように、縁石を削って低くしています。
現場は人通りはそれほどではないのですが、なにせバス通りなので、車の往来は非常に激しく、警察署との協議の中でもしつこいくらいに「バスは止めちゃダメですよ!」と念押しをされました。
炎天下、ガードマンも大変ですが、安全には十分に注意をしながらの作業になりました。

 

2011/08/04 地盤改良

画像(250x188)

ようやく確認申請が下りましたので、今日は地盤改良です。
コンクリートを混ぜた溶剤をドリルの先から地面の中に注入して行きます。
この地は○○台という地名だったので「地盤改良なし!」という判定を期待していたのですが、そうは行きませんでした。
断続的に激しく降る雨の中、弊社設計の高嶋のチェックの下、順調に工事が進みました。
しばらく養生期間を置いて本格的な建築工事にかかります。

 

2011/07/09 地鎮祭

画像(250x188)

もう梅雨が明けてしまったかのようなギラギラした太陽の下、目出度く地鎮祭が執り行われました。
普段は雨除けのためにテントを用意するのですが、今日は日除けになりました。
神主さんだけはテントの外でのお祓いになってしまい、さぞ暑かったろうと思います。
実は今日はお客様の○○歳(聞いていません)のお誕生日!
「友引」と併せて実に目出度い日になりました。
事前に神主さんにもそのことをお伝えしましたら、ナント偶然にも神主さんも今日がお誕生日とのこと。
頼んでいたわけでもないのに気を効かせて祝詞の中に「お誕生日のお祝い」の言葉も盛り込んでくださいました。
これから確認申請が下りるのを待って、いよいよ地盤改良に着手します。

 

ページのトップへ ページのトップへ

スタッフブログ