私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

諫早建設株式会社/東京・小平でプロとつくる“美しい家”

«ホームに戻る

完成

画像(250x188)

完成です。
アイランド型システムキッチンがドンと構えています。
無垢の栗のフロアとの取り合いもすばらしい!!

 

足場解体

画像(188x250)

 

左官工事

画像(250x188)

いよいよ外部左官工事です。
外部はもちろん、駐車場内部も左官で仕上げてきます。

職人さんの腕が試される細かな作業です。

 

木工事

画像(250x188)

関棟梁 木工事奮闘中

石膏ボ−ド(壁下地)を貼り、建具枠、幅木、階段・・・・と大工さんの工事が続き、日を追うごとに完成に近づいていきます。

 

10/8セルロ−スファイバ−

画像(250x188)
画像(250x188)

断熱材セルロ−スファイバ−の工事風景です。
セルロ−スファイバ−は新聞紙から出来ている断熱材の為
エコロジ−な製品と言えます。
また、セルロ−スファイバ−は遮音効果もあり、楽器等を愉しまれるお客様に支持を受けています。

 

10/3 打合せ中

画像(250x188)

内部木工事中です。

関棟梁と真剣(?)な打合中の山川部長

画像(250x188)

画像(250x188)

看板・ゲ−ト

画像(250x188)

外部足場にシ−トを掛け、その上に
【美しい家をつくる】の看板を取り付けました。

また、現場入場ゲ−トの設置を行っております。

 

天井断熱・石膏ボ-ド貼り

画像(250x188)

画像(250x188)

室内の天井に断熱材を入れています。
通常、天井面には断熱材を入れませんが、H様邸は、断熱効果はもちろん、遮音対策として天井に断熱材を入れました。

並行して、内部壁の下地、石膏ボ−ド貼りを行いました。

 

9/9新兵器登場

画像(250x188)

関棟梁の発案(導入も関さん自ら)で階段室に
荷物搬入用の新兵器(エレバ-タ-)が登場です。
3階建てであり、外部からの搬入するスペ−スが限られていることから、内部階段室(H様邸は1階〜3階まで同じ位置に階段を設けています)に荷物搬入用のエレバ-タ-を設置しました。
他の現場でもなかなか設置しておりません。
正に新兵器です。作業スピ−ドと安全性が違います。

 

9/4屋根合板(野地合板)貼り

画像(250x188)

上棟後、屋根工事に取り掛かってます。
まず屋根の合板(野地合板)を貼る作業です。
足元が悪い中、関棟梁が奮闘しています。

 

2011/8/22 上棟

8/22(月)本日は建て方 上棟です。

早朝から雨でした。7時過ぎに現場に到着、すでにガ−ドマン2名は待機していました。
7時30分全員集合。大工さん2名・鳶さん4名、重機オペレ−タ−1名、監督の山川部長、寺尾監督(諫早会)と私、計12名です。

朝礼にて安全作業の確認を行い、続いて作業手順の打合せを行います。本日の肝!です。3tトラック3台分の搬入を予定しているからです。
寺尾さん、重機オペレ−タ−、搬入トラックのドライバ−が搬入手順、搬入方法を作業工程と合わせて打合せしていきます。

画像(250x188)
画像(188x250)

建て方開始です。
早朝かなり強く降っていた雨も建て方を始める頃には小降りになり、10時半をまわった頃みごとにあがりました。
本日大安の上棟をお天気も後押ししてくれました。




作業員にとっては、うだるような暑さもつらいですが、足元が悪い中作業を行うのは危険を伴います。
雨があがってなによりです。
大工さん、鳶さんの連携もあり無事上棟することが出来ました。

18時よりH様ご家族お揃いの中、上棟式を行いました。
建て方を行った大工さん、鳶さん、オペレ−タ−さんにも参加して頂きました。

四方祓い(建物の四隅をお清めし安全を祈念します)をご主人様、弊社吉川社長、山川部長にて行いました。
続いて、ご主人様よりご挨拶を頂きました。
そのご挨拶に作業員一同感激、感謝です。
抜粋すると『建て方に携わった方々に感謝、感動しています。また建物が上棟するところを子供たちに見せることが出来て本当にうれしく思っています。最後までけが、事故なく宜しくお願い致します。』と労いのお言葉を頂きました。
作業員の心に本当に浸みわたりました。

H様ご家族だけでなく、本日の作業員全員が思い出に残る
上棟式だったと思います。

画像(188x250)

 

2011/8/19〜8/20 土台敷き  先行足場

画像(250x188)

画像(250x188)

8/19(金)本日は土台敷きです。
早朝から小雨が降り肌寒い日です。


土台敷きには影響のない雨の為、さっそく土台敷きへ。
手際良く墨出し(基礎の上に土台の正確な位置を記していきます)を行うのは棟梁の関さん。
これから約2カ月間宜しくお願いします。

画像(250x188)

土台敷きが完了したら、22日(月)の上棟に向けて材料にシ−トを掛け準備を行います。


8/20(土)本日は先行足場です。
建物の正面を除く3面に足場を掛けて行きます。

先行足場とは、建て方の前に足場を組むことで、建て方の際に支障にならないように正面を空けて3面で組むことが多いようです。
先行足場を行うことに依って、建て方の際の安全性を高めることが出来ます。

さあ 準備万端!!
22日(月)はいよいよ建て方 上棟です。

 

2011/8/8 配筋検査

画像(250x188)

本日は配筋検査です。
午前中の検査でしたが、朝から尋常ではない暑さの中
検査員の方も、弊社設計高島、現場担当山川も汗だくで
検査に立ち会ってました。
もちもん検査も問題なく終了しました。
さあ-次の工程です。

本当に暑い中、職人さんも大・大・大奮闘しています。

 

8/6 配筋作業進行中

画像(250x188)

引き続き配筋作業中です。
配筋が完了すると検査を経て基礎コンクリ-トの打ちこみです。

 

8/5 配筋作業開始 

画像(250x188)

今日から基礎の耐圧盤(一番底の部分)の配筋作業を行っています。



小林さんは連日寡黙に作業を進めています。

 

8/2〜3 捨てコンクリ−ト打設

画像(250x188)

根切りの後、砕石を敷きその上に捨てコンコンクリ−トを
打設していきます。

『捨てコンクリ−ト打設』とは、基礎をつくる位置に印をつけて、基礎をかたどる型枠を正確に設置する為、基礎の底面を平にし、鉄筋の高さを揃える為の大切な作業です。

 

8/1 鎮め物

画像(250x188)

地鎮祭の際に神社からお預かりした『鎮め物』を
根切りが完了した本日、建物の中心に納めさせて頂きました。

 

2011/7/30 根切り

画像(250x188)

本日の作業は『根切り』です。
『根切り』とは、基礎の形状に沿ってユンボにて
土を掘っていきます。






朝から雨が降ったりやんだりする中
今回、基礎工事〜建て方作業を担当する
小林さんが作業に奮闘しています。

画像(250x188)

 

外部看板

画像(250x188)

画像(250x188)

地盤改良で行った鋼管杭も見えています。

 

7/26 遣り方

画像(250x188)

画像(250x188)

地盤改良も完了し、いよいよ本格的にスタ−トします。
本日は『遣り方』です。
『遣り方』とは、建物の正確な位置と基準となるレベルを決める基礎工事の準備として重要な作業です。

山川部長と諫早会協力業者の寺尾さんが暑い中作業に汗を流しています。

 

2011/7/19 地盤改良

画像(250x188)

文京区の家がいよいよ着工です。

本日は、地盤改良です。あらかじめ行った地盤調査の結果に
伴い、地盤改良を行っていきます。
今回は鋼管杭(115ミリの円柱で長さ8.5メ−タ−)を23本打ちこんでいきます。
杭の先端は350ミリの円形になったおり、土を削る為の刃がついております。8.5m堀り込んで硬い地盤まで届くように機械で掘り進んでいます。
これでとっても強固な地盤が出来上がります。

さて、この次の工程はいよいよ建物の位置を決める『遣り方』です。

 

2011/6/19(日) 地鎮祭

画像(250x188)

文京区H様邸地鎮祭

文京H様邸がいよいよスタ−トです。
本日は地鎮祭が行われました。昨晩の雨の影響もなく
朝からすっきりした地鎮祭にふさわしい日となりました。

H様ご家族4名様お揃いで地鎮祭が行われました。
私共はもちろん、お客様も良い思い出になる地鎮祭に
なったと思います。

さて、いよいよ本格的な工事のスタ−トです。
一層気合いを入れて安全に工事を進めたいと思います。

 

ページのトップへ ページのトップへ

スタッフブログ