私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

諫早建設株式会社/東京・小平でプロとつくる“美しい家”

«ホームに戻る

完成! 小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/09/21

暑い最中の工事になりましたが、K様邸もようやく完成、お引き渡しの日を迎えることができました。
K様邸は土地探しからのお手伝いをさせていただきましたので、私たちの思い入れも一入(ひとしお)です。
始めてお目にかかった時にはまだ赤ちゃんだったお嬢様がもう一人で歩き始めているのを見ると、時の流れの早さを実感します。
お嬢様にとってはこの家から思い出がスタートするのでしょうね。
どうかこれからも末永くお付き合いいただきますように。


小平市注文住宅K様邸の続きはこちら☞

小平市K様邸の竣工写真はこちら☞

 

外構工事  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/09/19

左官の松澤さんが駐車場の土間のコンクリートを打設して仕上げに入っています。
外構工事は天候に大きく左右されることがあるので、梅雨時期や台風の季節にはスケジュールの管理が大変です。
お陰さまでここしばらくは好天が続いていますので、来月早々のお引き渡しに向けて順調に工事は進行しています。



 

足場解体  小平市注文住宅K様邸木造2階建 

画像(250x188)

2013/09/17

足場が取り払われてようやく建物の全容が姿を現しました。
重厚感のある素晴らしい外観だと思います。
ここまでくるとようやく「あと少し」という感じがしてきます。
これからいよいよ外構に取り掛かりますが、そうなると心配なのがお天気です。
どうか好天が続きますように!



 

階段ガラス取付  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/09/17

ようやく製作していた階段のガラスが取り付けられました。
今までは何の立ち上がりも無かったので、見学会などを開催してもだれか落ちるんではないか、と心配していましたが、これで安心です。
ガラスが取り付けられると実にカッコイイ。
急にグレードが上がったような気がします。



 

クロス工事完了 小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/08/07

内装のクロス工事が完了しました。
少しのゆがみもしわもなく、実に美しく貼られています。
今までの下地のボードが見えている状態よりも内部が真っ白になった分、随分明るく、そして広く見えるようになった気がします。
これから順次内装の仕上げの職人さんが入ると同時に外構の工事にも入って行きます。



 

クロス工事  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/08/03

内装仕上げ工事の最初はクロスです。
まずは下地処理からはじめます。
ボードの継ぎ目やビスの頭などの凸凹を丁寧にパテで埋めて行きます。この作業をちゃんとやらないと全てクロスの表面に出てきてしまいますので、クロスの出来不出来はここにかかっていると言っても過言ではありません。
下地処理が完了して、今日はいよいよクロス貼り本番です。端から一枚一枚、地道に丁寧に貼って行きます。



 

木工事完了  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/07/26

今日で、長らくお世話になった小柳大工チームともお別れ。
いつものように実に丁寧な仕事で次の工程、職人さん達にバトンタッチです。
写真は「ニッチ」。
こういうちょっとした気遣い、心遣いに職人の技が光ります。
これからはいよいよクロスや塗装など、内装の仕上げ工事に入って行きます。


 

外壁工事  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/07/22

外部では外壁を貼る作業に取りかかっています。
今回の外壁は金属系のサイディングです。
特に外壁に関してはお客様のお好み、ご要望も多岐に渡るので、弊社も色々なメニューをご用意してお待ちしております。
今回の外壁はとってもシャープでカッコイイ。
玄関の入口周りには木を貼ってちょっとしたアクセントにしています。


 

造作家具 小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2012/07/19

大工工事も終盤に差し掛かり、内部では造り付け家具の作成に取り掛かっています。
こういう家具も家具屋さんが造ると大変コストがかかるのですが、弊社の大工さん達はウデがイイので、大体の家具はとっても素晴らしく、且つローコストで造ってくれます。
収納の棚などはお任せ下さい!
です。



 

ロフト  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/07/16

小柳さんがロフトの造作工事をしています。
自由に身動きのとれない狭いロフトでの作業で汗だくですが、それでもここK様邸は断熱材にウレタンの吹き付けを使ってるので、気分的に屋根の直下での作業もすこーし楽なようです。


 

通気胴縁  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/07/10

内部の大工工事と並行して外部では外壁の下地作業が進んでいます。
写真は一番外側のサイディングと下地との間に隙間を開けて、建物内部の湿気をこの隙間を通して屋根から逃がすための「通気胴縁」です。
万一外壁から雨水等が侵入してもこの隙間を通って下に落ちますので建物内部に水が浸入するのも防ぐことができます。
ジミーでちょっとしたことですが、建物にとっては非常に大事なひと手間です。



 

内装下地ボード 小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/07/08

断熱材が充填されて室内が大分涼しくなったような気がします。
今日は充填されたウレタンフォームの断熱材の内側に小柳さんが内装の下地ボードを手際よく貼って行きます。
大工工事もいよいよ終盤に差し掛かり、この後は造り付けの家具や建具の取り付けになど細かい作業に入って行きます。



 

屋根板金工事  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/07/04

梅雨とは思えないような強烈な太陽の光が降り注ぐ中、屋根の上では板金工事が始まりました。
今年の梅雨は雨も少なく、基礎や屋根の工事を行う職人さん達にはいいのやら悪いのやら。
「俺達もたまには屋根の下で仕事したいよ!」
板金屋さんの心の叫びが聞こえるようです。


 

無垢フローリング  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/07/02

2階からフローリングを貼りだしています。
と、言っても貼っているのが無垢材なので、1本1本が微妙に幅が違ったりします。
小柳さんは涼しい顔で淡々と作業を進めていきますが、実は大工さんのウデがそのまま出てしまう難しい作業になります。
材の間に緑色に見えるのが「スペーサー」。
無垢材は貼ってから伸びたり縮んだりするので、あらかじめある程度の遊びを持たしながら貼って行きます。
これも豊富な経験に裏打ちされた技術です。



 

鉄骨階段  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/06/28

中盤の“見せ場”、鉄骨階段の搬入と取り付けです。
いつもムリを聞いてくれる内山鉄工の内山社長と岸が真剣に且つ慎重に納まり具合を確認しています。
鉄骨階段はただ搬入して取り付ければよい、ということは全くなく、現場での微調整が結構大変な作業になります。
今回もご多分に漏れず、キチンと納まるまでには随分と時間がかかったようです。



 

断熱材充填  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/06/25

今日は大工さんは一旦お休みで断熱材を内部に吹き付ける作業をしています。
こちらの断熱材は「ウレタンフォーム」。
隙間と言う隙間にも全て入り込んで行きますので、かなり高密度に断熱をすることができるスグレモノです。
施工中は窓と言う窓を全て目張りしての作業ですので、職人さん達は汗だくどころの騒ぎではありません。
本人たちも断熱材を吸い込んでしまわないよう、ガスマスクのようなもので完全武装しての作業ですので、30分遣っては外に出てくる、の繰り返しです。
写真は作業完了時の後片付け、おそうじ中の様子です。



 

フローリング  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/06/24

床暖工事と並行して小柳さんが1階のフローリングを貼りだしています。
フローリングは貼る傍から、汚れてしまわないようにきっちりと養生をしてしまうので、その姿を見ることができるのは貼った直後と、そのあとはお引き渡し直前になります。
そういう言う意味では貴重なカットです。



 

床暖房  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/06/20

今日は床暖房を設置しています。
2階のリビングほぼ全面と奥さまが立つキッチンの中。
K様邸の床暖房はガスを使っています。
良く電気にするかガスにするかご相談をいただきますが、それぞれに特徴がありますからその都度お客様のご要望とライフスタイルに合わせたプランをご提案させていただいています。
以前はイニシャルコストが高かったガスも最近では電気とほぼ同程度まで安くもなってきましたので、そういう点でも選択肢の幅は広くなってきたということが言えると思います。


 

休憩中 小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/06/17

今日は休憩中に現場にお邪魔しました。
小柳さんが見ているのは昨年の春にお引き渡しをした同じ小平市内のM様邸の「家づくりアルバム」。
施工中の現場の様子を職人さんが写っているカットを中心にアルバムにまとめてM様にプレゼントしたものです。
小柳さん自身、施工中の苦労に思いを馳せながら思い出にしたっていました。
こうしてみるとこのアルバムはお客様だけでなく、大工さん達にもとっても記念になるんですね。



 

大工工事 小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/06/12

大工工事が着々と進行しています。
外壁の下地が貼られて、窓の形が分かるようになりました。
現場にはサッシも運び込まれてあとは取り付けを待つばかりです。
だんだん「家」らしくなってきました。



 

大工工事開始 小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/06/07

一昨日の上棟作業を受けて、昨日から本格的に大工工事が始まりました。
まずは屋根の防水工事が完了しています。
この季節、いつ突然の豪雨が襲ってくるか分からないので、とりあえず最優先で雨仕舞をキッチリと済ませました。



 

上棟!  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/06/05

今日は願ってもない好天に恵まれて正に上棟日和!
K様邸はお馴染み小柳棟梁の現場です。
若者たちのチームではありますが、お天気が良すぎて随時水分をたっぷりと補給しながらの作業になりました。
いつもの気心の知れたチームなので作業も至極順調に捗り、
夕方には屋根まで掛けることができました。
上棟は一日で現場の風景がガラッと変わってしまうので、お客様にとってもとても思い出に残る一日になります。
これからお盆のころまで、大工工事が続きます。


 

土台敷き  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/06/03

梅雨入りしたとは言え、晴天が続く毎日です。
今日は上棟前の最終作業「土台敷き」です。
最近はこの段階で1階の床の合板も貼ってしまって、上棟作業が手際よく、且つ安全に進むことができるように工夫しています。
また、K様邸の防蟻はホウ酸を使いますのでこの段階で土台と床の合板の裏表にホウ酸を塗布しています。
担当の棟梁は小柳さん。
テキパキと指示をして夕方前には全ての作業を完了しました。


 

先行配管 小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/05/29

十分な養生期間を置いて型枠が外されました。
手前味噌ですが、日向寺社長自らの陣頭指揮でのコンクリート打設でしたので、実にキレイな打ち上がりに仕上がっています。
それを受けて今日はお馴染み「樅木(もみのき)」さんが上棟を前に事前に1階の床下に配管を設置する「先行配管」の作業をしています。
今回は上棟作業の前に床の合板を貼ってしまうので、この段階で配管を設置しておく必要があります。



 

基礎立上りコンクリート打設  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/05/22

先日の基礎耐圧盤のコンクリート打設に引き続き、週が明けて月曜日には生憎の雨の中、立ち上り部分の型枠を組む作業をしました。
昨日からはお陰さまでお天気にも恵まれ、今日は予定通り基礎の立ち上がり部分のコンクリートを打設しました。
今度は4人かかりでの作業です。
前回のように圧送車からのコンクリートを中田さんが立ち上がりの型枠の中に流し込み、同時に日向寺社長がバイブレーターをその中に突っ込んでコンクリートの中の空気を抜き、追いかけて阿部さんが櫛状の道具を型枠との境目に差し込んで更に表面の空気を抜いて行きます。
最後に山岸さんが上端のレベルを調整しながらコテで表面を仕上げて行きます。
と、いうような見事な連携プレーをしている様子の写真なのですが、伝わりますでしょうか。
これで基礎の日向寺チームの基礎の作業はひとまず完了。
今度は上棟の時に鳶として参加します。


 

コンクリート打設 小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/05/18

本日はお天気にも恵まれ、予定通り基礎の耐圧盤のコンクリートを打設しました。
序盤のハイライトです。
コンクリートミキサー車から圧送車にコンクリートを流し込み、それを強烈な圧を掛けて太いホースを通して現場に送り込みます。
圧送車からのホースを操るのは中田さん、流し込まれたコンクリートをトンボで均して行くのが日向寺社長、ある程度均されたコンクリートのレベルを調整してコテで仕上げるのが山岸さんと、いつものメンバーで息のあった作業が進みます。
2時間ほどで作業は完了し、ご覧のようにコンクリートが美しく打設されました。
今日は小型のコンクリートミキサー車5台分のコンクリートを入れ替わり立ち替わり一気に打設したので職人さんは休む暇もなく、汗だくで大変でした。
今日はまだ風も涼しく感じられるくらいなのでちょうどいいのですが、真夏のこの作業は数段大変で、コンクリートを流し込む傍から固まってしまうので、水を掛けながらの作業になることもあります。
明日は一日十分に養生をして、コンクリートを休ませます。


 

配筋検査  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/05/17

今日は瑕疵責任保険の第一回目の検査「配筋検査」です。
キレイに配筋された鉄筋を検査員が図面通りに施工されているかを検査します。
当然、我々としては自信があるのですが、何回やっても「合格!」の声を聞くまではちょっとドキドキします。
今日も設計の高嶋の立ち会いの下、長時間に渡って検査をしていただきましたが「実にキレイな配筋ですね」の言葉と共に無事「合格!」の声を聞くことができました。




 

配筋作業  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/05/15

捨てコンの上に出された墨を目印に、基礎の鉄筋を組んで行きます。
一本一本実に根気の要る作業ですが、3日間かかりでようやく完了します。
ここには家の荷重がかかりますので保険の検査の項目にも入っているほど重要な部分、作業になります。



 

捨てコン  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/05/11

前回の現場ニュースでも触れましたように現場では捨てコンが打設されています。
この上に今後の配筋の目安となる墨出しをして来週はいよいよ基礎の配筋作業に入って行きます。



 

根切り  小平市注文住宅K様邸木造2階建

画像(250x188)

2013/05/09

遣り方を基に、正確に基礎の形状に沿って溝を掘って行きます。その後、砕石を敷いて機械で転圧をかけて地面を踏み固めた後、防湿シートを敷き詰めてその上に捨てコンを打設して完了です。
「捨てコン」はその名前の通り、この後の作業である配筋作業の目安になる墨出しをするためのもので、構造的な強度は持たせていません。


 

次のページもご覧ください

ページのトップへ ページのトップへ

スタッフブログ