私たち諫早建設は、小平市を中心に、武蔵野市・三鷹市・小金井市・国分寺市・西東京市エリアにおいて、 新しい生活ステージで自分にとって本当の価値のあるものを選び取りたいと願っている大人(たち)のために、新しい視点と美意識をもとに、他にはない独自の提案力と、 半世紀に渡って培ってきた頑固な技術力で、あなたの「知欲」「美欲」「快適欲」を満たした空間を提供することに生きがいを感じている工務店です。

お問い合わせ資料請求

諫早建設株式会社/東京・小平でプロとつくる“美しい家”

«ホームに戻る

完成引き渡し 文京区注文住宅N様邸木造3階建

2013/12/14

6月24日から着工しましたN様邸新築工事も本日12月14日無事完成引き渡しを迎える事が出来ました。

11月中旬から仕上げ工事(内部塗装仕上げ、建具工事、家具工事、器具取付等)を行いました。
N様のご希望に依り、仕上げ工事の写真掲載は控えますが、N様の満足行く仕上げを行う事が出来ました。

12月3日に完了検査、設計検査を終え、12月4日施主検査、12月5日より各是正工事、エレベ−タ−/機器類の試運転を経て本日の引き渡しとなりました。

N様のご了解を得て外部写真は掲載致します。

画像(250x188)

これからN様との永いお付き合いがスタ−トします。
N様が快適に過ごせるよう家守りを行って行きたいと思います。



島袋

 

塗装工事 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/11/14 塗装工事

仕上げ工事がはじまると、現場は部位毎に並行して作業を行います。
N様邸の内部壁、天井、建具等は塗装で行います。
大工さんが神経細やかに貼った石膏ボ-ドや木下地に、塗装が依り平滑になる様パテ埋めを行います。
塗装は3回に分けて仕上げて行きます。
写真は1回目の塗装(下地)の様子です。


 

家具工事 文京区注文住宅木造3階建

画像(250x188)

2013/11/7 家具工事

木工事が完了すると各仕上げ工事が始まります。
今回は家具の取付工事を紹介します。

2階のリビングには、テレビ収納と食器棚収納があります。
仕上げは階段材と及び床材とのバランスを考慮した木材がチョイスさせています。

3人のベテラン職人さんが、ミリ単位の調整を繰り返して
組み上げていきます。
特にシステムキッチンに並列した食器棚収納はキッチンのカウンタ-と同じ高さに食器棚の木カウンタ−があり、おまけに食器棚収納の壁面は大谷石が張ってあり、神経を使い作業を行っていました。

 

木工事完了 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/10/31

7月31日に上棟したN様邸も本日、木工事が完了しました。
(大工さんの工事が完了)
延べ3カ月の大工工事。
大嶋大工の渾身の現場がまた一つ増えました。

N様のご希望に答え、丁寧に仕上げたそれぞれの部位は、この現場進捗ニュ−スでも紹介してきました。

打合せで現場を訪れていたN様ご夫妻に温かい労いのお言葉を掛けて頂き、大嶋さんも嬉しそうでした。


さて、これから仕上げ工事に突入します。
完成に向け手綱を引き締めましょう。


 

キッチン設置・天井断熱工事 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/10/23

大工さんの工事が完了に近づくと、設備工事も同時に行われていきます。

今回はN様邸オ−ダ−の特注キッチン!
L型のキッチンにN様の使い勝手に合わせ、キャビネットの配置や各機器の配置をしています。
冷蔵庫と水栓とコンロはやはり、理想とされる三角形です。


画像(250x188)

大工さんは組上がった天井野縁の中に、訂正に断熱材を入れています。

多くの職人さんに依って出来上がる住宅。
これから仕上げ工事になると、プロが終結します。

 

天井野縁施工 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/10/10

建物内部壁に石膏ボ−ド張りが完了すると、天井の石膏ボ−ド張りの作業に入っていきます。

まず、意匠図の天井高に合わせ、天井下地となる野縁を組んでいきます。
天井は、電気や上下水道等の配管が通っており、大嶋大工も
慎重に野縁組をしています。

 

外壁仕上(板金横張り) 文京区注文住宅N様邸木造3階建て

画像(250x188)

2013/10/2

外壁の仕上げ工事も本格的に始まりました。
今回は2つの仕上げの張り分けになっています。

隣地と接している北面と西面は、通気層をとった上に、窯業系のサイデイングを張ってていきます。
道路面に面した南面と東面は、ガルバニウム鋼板の横張です。

この仕上げは、板金屋さんが行います。
鋼板を1枚1枚折りあげて仕上げていきます。
職人さんの腕の見せどころであり、鋼板と鋼板の連結は、かなり神経の使う細やかな仕上げです。

職人さん、良い顔しています。

 

石膏ボ−ド貼り 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/9/27

床(フロア)施工が完了し、壁の石膏ボ−ド貼り工事が始まりました。

石膏ボ−ド貼りは大きさ、重さのあり、実はかなりの重労働です。また、ボ−ドが壁仕上げの下地になる為、壁が均一になるように神経を使い施工しなければなりません。

今回の仕上げは塗装の為、大工さんは一層神経を使い施工していました。

画像(250x188)





エレバ−タ−シャフト内の石膏ボ−ド貼り

 

美しい配線 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(187x250)・拡大画像(250x333)

2013/9/17

見てください。この美しい配線。
電気設備工事を担当している、鈴木さん(日興電気工業)の電気配線は手前味噌ですが、実に美しい。

電気配線は、壁内部、屋根裏に隠れてしまうものです。
だからと言って、雑に配線する職人さんはおりませんが、鈴木さんの配線は「美」を感じます。

画像(250x188)

じっくり図面を見て、設計者の意図を考え、配線ル−トを決めて行きます。

仕上げでは、スイッチプレ−トの位置、他のプレ−トとの取り合いなど、納得いくまで設計者に確認して仕事を進めて行きます。

画像(250x188)

 

フロア貼り 床暖房施工 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/9/7

外壁面の断熱材施工が完了し、床の工事へと進んでいきます。
まず、床暖房の設置です。今回は電気式の床暖房が採用させています。2ミリ程の薄いフィルム状の熱源を床下地と床材(フロア)の間に敷き締めていきます。


画像(250x188)

画像(250x188)

大嶋大工の技がさえる。

引き戸の建具の為の敷居レ−ル(V字状の引き戸の戸車を受ける金物)の溝をフロアに加工してあります。

 

断熱材施工 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/9/3

中間検査も完了し、内部作業が本格的に始まります。
大工さんは、外壁面の断熱材を入れて行きます。
同時並行で、電気屋さんが、配線作業を行っていきます。

これからは週を追うごとに完成に向けて、現場の様子がどんどん変化していきます。

 

中間検査 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/8/22

本日は中間検査です。
中間検査は、引抜き金物、スジカイと言った構造上、重要な部位が構造計算通りに施工されているのかを、確認審査機関の検査員がチェックしていきます。

また、瑕疵担保の検査も同時に行いました。
この段階の検査項目は、ベランダの防水工事が既定の納まりで行われているかがポイントです。

中間検査、瑕疵担保検査とも無事合格しました。

画像(250x188)

 

サッシ取付下地施工 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/8/19

夏季休暇前から行っていました、外壁下地の作業も完了しました。

外壁は耐力壁(建物構造上耐力を負担する壁)と非耐力壁に分けられます。
耐力壁はスジカイ及び構造用合板又は耐力壁面材(今回はダイライト)で四方を釘で固定します。
非耐力壁は窓開口(サッシ開口)になります。

写真のように窓開口の上下にサッシを固定する桟(窓台・まぐさ)をサッシ取付位置に合わせ固定していきます。

次の工程はサッシ取り付けになります。

画像(250x188)

 

外壁下地張り 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/08/10

屋根工事に続き、外壁の下地工事をおこないます。
3階建てのこの建物は、確認申請時に構造計算書を提出する義務があります。

構造計算書に依って、外壁の耐力壁(地震時に壁を支える重要な壁)の設定がされ、スジカイの納まりや壁下地材の材料指定がなされます。

今回は外壁下地にダイライトと言う、エンジニアリングウッド(工業製品であり、構造用合板と同様の認定を受けている
耐力壁面材)を採用しています。

サッシの開口部を除き、外壁下地面材を張っていきます。
つぎの工程はサッシの取付になります。

 

屋根工事2 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/08/05

屋根工事も順調に進んでいます。
N様邸は緩やかな傾斜の片流れの屋根です。

野地合板(屋根仕上げ材の下地)の上に、防止シ−トを
張っていきます。これをル−フィング工事といいます。
(ル−フィングとは正式にはアスファルトル-フィングといいます。フェルト状の原紙にアスファルトを浸透させています。)

野地合板が完了したら、出来るだけ早くル-フィング工事を行う事が重要です。
ル−フィングは水分を透さないので、雨対策の為には大切なことです。

今回は監督の岸自ら、職人さんに交じりル-フィング工事を
行いました。

画像(250x188)

 

屋根工事 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/08/02

建て方から二日、猛暑が続く中、工事は順調に進んでいます。
上棟後の作業は、まず屋根工事です。
母屋をしっかり金物で固定し、垂木を打ち、野地合板を張っていきます。

屋根で重要なのは、断熱対策です。
諫早建設では、屋根断熱に高性能の板状の断熱材(フェノ−ル樹脂系断熱材)を採用しています。
また、野地合板と断熱材の間に20ミリの通気層を設け、屋根環境を考慮した断熱、通気対策を行っています。

 

上棟 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/7/31 祝! 上棟

本日、大安の良き日、N様邸新築工事
無事上棟しました。



朝7時40分、朝礼からスタ−トです。
棟梁の大嶋大工、応援のチ−ム大嶋(石田大工、田中大工)の紹介と挨拶をはじめ、建て方で鳶を担当する
日向寺社長の挨拶、建て方の段取り、搬入材料のスケジュ−ル等の確認を行いました。


画像(250x188)

今回の構造は、在来軸組みの金物工法を採用しており、梁成45センチの大きな材料や4寸の通し柱、登り梁などがあり、同規模の床面積の建物の1.5倍の構造材を使用しております。
また、金物工法は依り耐震性が高く、構造材の精度は0.5ミリとなっています。

画像(250x188)

画像(250x187)・拡大画像(2560x1920)

朝8時から夕方5時過ぎまで、蒸しかえる暑さと闘いながら無事上棟しました。


画像(250x187)・拡大画像(2560x1920)

6時から簡易の上棟式を行いました。
四方固めの他、サプライズとして、お客様に最後のドリフトピン(金物工法の接合部を固定するピンの事)を打ちこんで頂きました。
夕立もなく、本当に良い上棟を行うい事が出来ました。
お客様より、労いのお言葉と、激励を頂き、参加者一同
身を引き締めて工事を進める事を再確認しました

 

土台敷き 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/7/29 土台敷き

基礎の養生期間を経て、本日いよいよ土台敷きです。
大嶋大工さん(棟梁)と田中大工さんは、とっても息の合ったコンビです。

今回は金物工法と言う事もあり、通常の土台敷きより作業項目が多いですが、無駄な動きなく、大嶋大工の明るさもあり、順調に進行していきます。

午後、多少雨が降りましたが、さほど影響もなく無事完了しました。





画像(250x188)

 

基礎完成 文京区注文住宅N様邸木造3階建て

画像(250x188)

2013/7/18

N様邸基礎完成です。
これからコンクリ−トの養生期間をとり、7/末には建て方、上棟を予定しております。

猛暑の中、基礎工事を担当頂いた日向寺土建の職人さん、本当に有難うございました。

画像(250x188)

 

基礎立上りコンクリ−ト打設 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/7/13 基礎立上りコンクリ−ト打設

基礎耐圧盤の後、基礎立上りコンクリ−トの打設を行います。

コンクリ−ト打設は時間との勝負です。
特に夏のこの時期、打設作業はコンクリ−トが固まらないよう、また均一になる様、ミキサ−車の作業員さんと鳶さんの暗黙の呼吸が大事になります。


 

耐圧コンクリ−ト打設 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/7/6

本日は基礎工事のポイント、耐圧コンクリ−ト打設を行いました。
基礎の一番下の重要な部分です。

猛暑の中、コンクリ−トが中途半端に固まらないよう、職人さんは休む間もなく作業を進めています。

本当にごくろうさまです。

画像(250x188)

 

配筋検査 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/7/5

本日は、瑕疵担保責任保険の検査である、配筋検査を行います。
日向寺土建の職人さんの頑張りで、もちろん何の問題もなく、検査合格です。


 

配筋 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/7/1

捨てコンクリ−トの上に、鉄筋を組んでいきます。
鉄筋の太さ、間隔は構造計算に依り決まっています。
部位に依り、異なりますが、基礎工事の中でも重要な工程になります。

 

捨てコンクリ−ト打設 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/6/27

昨日の根切りに続いて、本日は基礎工事の基になる、捨てコンクリ−トの打設を行います。

遣り方に依って、掘った土に上に、砕石を敷き、コンクリ−トで固めて行きます。

 

根切り 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/6/26

基礎工事の初めの段階の作業です。
遣り方を基にして、建物の形状に添い、地面を掘っていきます

 

遣り方 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/6/24

本日から着工です。
まずは、建物の正確な位置と基準を決める為の「遣り方」を行います。

監督の岸と渡辺大工の2名で、暑い中、杭を打ち、囲いをしました。

画像(250x188)

最後に「美しい家をつくる。」看板を設置しました。

 

新着現場ニュ−ス 掲載準備中

 

地鎮祭 文京区注文住宅N様邸木造3階建

画像(250x188)

2013/6/4

N様邸新築工事の地鎮祭を行いました。
5/29に梅雨入りした為、雨を心配していましたが、朝から晴天に恵まれ、真夏を思わせる暑い日になりました。

N様ご夫婦、建築家柳沢様にご出席頂き、無事終了しました。
6/中から着工し、12/中の完成の予定です。

 

ページのトップへ ページのトップへ

スタッフブログ